2008年07月28日

絶対可憐チルドレン 第17話「弱肉強食!食べちゃうゾ♪」

 良い意味で普通の回。  基本に忠実な演出で、今回のテーマである「嫉妬」の構造がとても綺麗に伝わってきました。  絵コンテ、演出は監督の川口敬一郎さん。  この方はハメを外したノリだけの演出家というイメージが強く、失礼な言い方ではありますが、この様な堅実な演出も出来たんだなあ、と感心してしまい。  しかし、チルドレンの足下を舐めてショートパンツの中を狙う様な煽りアングルが非常に多く、あ、やっぱり川口敬一郎だ、と納得もしてしまい(笑)。  何だかん..
posted by えみりおん at 22:56

2006年06月21日

錬金3級まじかる?ぽか〜ん 第12話「哀愁の呪文は想い出に変わるとき」 「優しい呪文は魔法使い」

ふつーなアニメでした。
 ぽか〜んファンの間では最上級の褒め言葉を「ふつー」と言います。  これは劇中で鉄子ちゃんのご飯をパクつきながら、「皆さんお味はどうですか」との問いに「ふつー」とみんなが答えてた所からなんですが、この「ふつー」を本当にしっかり描く事が、どんなに大変で、そしてどんなに素敵な事か。  感動するアニメを作りたければ、事件をバンバン起こし、葛藤をモリモリ入れ、愛する者同士を引き裂き、そして戦わせたりして盛り上げて行けば良いのです。  しかし..
posted by えみりおん at 09:18

2006年06月18日

錬金3級まじかる?ぽか〜ん 第11話「無口な呪文は楽しい英会話/ピンチの呪文はさよならの向こう側

ぽか〜ん21  またしても呑気な一発ネタで、ぽか〜んと楽しく過ごさせていただきました…と言いたい所ですが、作画が振るわず。  コンテ段階では恐らく複雑な表情やポーズを取らせていたのだと思うのですが、それを十分に発揮できなかったのが残念。  特にこの様な話は顔芸、即ち表情の作画が命。  ラストスパートに向けて、ローテーションの谷間か。 ぽか〜ん22  サブタイに何か含みを感じたので嫌な予感はしましたが、いつも通り、ぽか〜んと終わってくれてほっとしまし..
posted by えみりおん at 05:31

2006年06月09日

錬金3級まじかる?ぽか〜ん 第10話「コールドの呪文はスノボスキー/ホットな呪文は天然温泉」

ぽか〜ん19  またものっけから何の説明も無く、鉄子ちゃんの立ち位置が恐ろしく低くなっている辺りは、さすがぽか〜ん。  でもって、鉄子ちゃんが雪に沈んじゃうネタがもう繰り返し繰り返し。ギャグの基本はやはり繰り返しですなあ。  まあオチはこんな感じですか。 ぽか〜ん20  普通のサービス回。とは言え、やはりしっかりと作っているので、単純に裸に喜ぶみたいな即物的なものだけではなく、アニメとして十分楽しめます。  りるの「方向は合ってる、行こうぜ」の直後での..
posted by えみりおん at 00:53

2006年06月01日

錬金3級まじかる?ぽか〜ん 第9話「絶交の呪文は色男さんいらしゃーい/白の呪文はクリスマス」

ぽか〜ん17  パキラのぱんつとブラ見せられて、りるが持ち上がっちゃうとか、こーゆー遠回しな下品が最高。  ゆうまの、話も聞かない内から「ん〜、やだぁ」という相変わらずのやる気ゼロとか、ショック受けるとフリーズしちゃう鉄子ちゃんとか、キャラ立ってるよなぁ。  「もう脱いじゃった方が良いですよ、あ、僕も脱ぎますから!」とかもう、意味さっぱりわかんねー。  この不条理っぽいノリが最高です。 ぽか〜ん18  サンタと泥棒を間違えるってネタはサザエさん辺り..
posted by えみりおん at 23:32

2006年05月25日

錬金3級まじかる?ぽか〜ん 第8話「今夜の呪文は吸血鬼/夢の呪文は一日だけの魔法」

ぽか〜ん15  オチは笑わせていただきましたが、丸々1話引っ張る様なネタじゃなかったかなぁ、と。 ぽか〜ん16  1日だけの魔法なので、鉄子ちゃんだけここに留まって夢を叶える、という選択肢もあったのでしょうが、無論それはしませんでした。  この日こそ夢は叶いませんでしたが、本当に人間の体になる事が出来るんだ、という別の意味での夢をもらい、鉄子ちゃんはお友達と地球に帰って行きました。  切なく、そしてとても暖かいお話。
posted by えみりおん at 05:13

2006年05月18日

錬金3級まじかる?ぽか〜ん 第7話「まったり呪文は十五夜/合体の呪文は無敵ロボットM5」

ぽか〜ん13  いやー、本当に何にも起きません(笑)。  ドラマとは葛藤である、というのは作品作りの基本。  恋人がいたらそれが引き裂かれて涙する、人生円満だった所にリストラを喰らって苦悩する。そこに葛藤が生まれて感情を揺り動かされるドラマが生まれる。  …なんですが、いやいや、それはあくまで「基本」。  基本を押さえた上で、あえてそれをしない。  ならだらだらと、適当にやっても良いのか。無論そんな事はありません。  このお話を観て、我々は十五夜を楽..
posted by えみりおん at 00:05

2006年05月15日

スクールランブル2学期 第7話「闘え、ハンター! 闘え、イーター! 闘え、アルバイター」

 これねえ、センスがぶっ飛び過ぎてますね。  あるべき場所にオチが無かったり、ありえない人物登場、前フォローも後フォローも無い繋ぎ。  ただ驚くべきは、それらが引っかからずにスルッと見られてしまう事。  多分頭で考えながら見ると、このアニメ、ダメです。感覚で見ないと。  しかもこれだけぶっ飛んだセンスをしているのに、スタッフの戸惑いが全く見えないのも不思議。  この手のスラップスティック物の場合、作画なり演出なり、どこかが理解出来なかったり勘違いしてしま..
posted by えみりおん at 03:40

2006年05月10日

錬金3級まじかる?ぽか〜ん 第6話「再生の呪文は地獄探訪/癒しの呪文は公園デビュー」

 一応前情報としてBパート作画が崩れる事は知っていましたので、覚悟は出来ていましたが、まあ…確かにアレですね。  作画もそうなんですがコンテも単調なバストショットとロングの繰り返しばかりで、テンポも悪し。  お世辞にも面白かったとは言えません。  まあぶっちゃけ言っちゃいますと、この程度の作画崩れなら他のアニメではもっと酷いのはあります。  ただ、制作者のこの作品に対する熱意を感じるに、安易に「まあこの程度なら」とは言う事は逆に失礼にあたるでしょう。  ..
posted by えみりおん at 03:02

2006年05月03日

錬金3級まじかる?ぽか〜ん 第5話「脱力の呪文は海水浴/恋の呪文は海水浴」

 今回は若干今までと毛色が変わっていた感じが。  別に面白くなかったとかいう訳ではなく、わりとストレートなコメディで来たな、という感触。  ゆうまの性格が随分アクティブになってきました。今まではボケキャラっぽい感じではあったのですが、先週EDの歌詞にもあった逆ギレ起こしてから何か吹っ切れたのか、今回はみんなを振り回す振り回す。  そして遂に自分しか見えない子供思考でみんなとケンカ。夕焼けの電車で寂しそうな顔をする三人と、彼氏と一緒に夜の海を楽しそうに歩くゆうま達..
posted by えみりおん at 06:34

2006年04月27日

錬金3級まじかる?ぽか〜ん 第4話「ないしょの呪文は梅雨前線/耳寄りな呪文は七夕祭」

ぽか〜ん7  相変わらず可愛い顔してエグい事やってんなぁ(笑)。  「あはは〜コマーシャルみたい〜」  「こんないい加減なコマーシャル無いわよぉ」  お友達の体使って何やってんだ君たちわ。  と言うか、この辺がぽか〜んのツボでして、可愛い女の子が可愛い事やってたって、そんなん当たり前でつまんないんですよね。  例えば可愛い女の子にゴツい銃や日本刀とかを持たせて、そのギャップにスリルを求める、という演出は色々なアニメで見られますし、こーゆーネタもその..
posted by えみりおん at 05:37

2006年04月19日

錬金3級まじかる?ぽか〜ん 第3話「明日の呪文は愛の献血/幸せの呪文は理想の男性」

  例えば道にうんちが落ちていたとして、それに対してこの4人はどんな反応をするのか。  パキラは嫌そうな顔をして避けて歩き、りるはそのまま踏んづけて突き進み、ゆうまは棒でつんつんしそうで、鉄子はちりとりでお掃除しそう。  こーゆーのが容易に視聴者が想像出来て、初めてキャラ立ちという言葉が使えるわけでして。  ぽか〜ん5。  そんな引っ張る様なネタじゃないのに、絶対にアレやるよな、やるよな、という期待感高まる力石パロ。鉄子ちゃんとパキラの強引なサービスカット..
posted by えみりおん at 03:41

2006年04月12日

錬金3級まじかる?ぽか〜ん 第2話「月の呪文は血の系譜/まやかしの呪文はTVショッピング」

ひでえ! ひどすぎ!!
 うっわー、こーゆーのアリなアニメなのね!!  無論、Aパートのお話です。  と言うか、フェイクのかけ方が天才的です。  冒頭、りるが狼の剥製にかける気持ちをシリアスに描き、その後にどう見ても狼男という青年を出します。  ここで普通ならりると狼男青年との恋に持って行くのですが、そうしたら視聴者は、恋に破れるメランコリックなオチが待っているぞ、と簡単に予想しちゃうんですよね。  だからちょっと捻って、りるにあの青年が狼男だと気付..
posted by えみりおん at 03:22

2006年04月05日

錬金3級まじかる?ぽか〜ん 第1話「はじめての呪文は甘い罠/午後の呪文は赤いカブ」

 おっ? 良いですね、こーゆー雰囲気。  Bパートで、郵便受けに興味を示す彼女たち、という目の付け所は良かった。  我々にとっては身近であって、普段気にもしない事が、彼女たちには珍しくてたまらないのです。  こーゆー所が、いわゆる「子供の視点」を持っているかどうか、というスタッフの力量が解る部分。  女の子達もまた可愛く、良く動いてくれるし、下手に男に媚びるハーレムアニメより好意を持って観られます。  世間知らずの変な女の子達のぽか〜んな生活。  視聴..
posted by えみりおん at 21:47
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。