2010年10月28日

神のみぞ知るセカイ 第4話「今そこにある聖戦」

わーい(嬉しい顔) 「この子は具合でも悪いんですか?」とかいうボケがツボにハマって、真夜中に大笑いしてしまいました。  なんかもう痛々しくて涙を禁じ得ない展開が続きましたが、スタッフロールを見て突っ伏してしまいました。  脚本は高橋龍也さん。そして予告イラストにちゃん様、アクアプラス。  言わずと知れたは、みつみ美里さんとアクアプラス。  そして高橋龍也さんは「雫」「痕」の脚本によりleafを一気に押し上げた方。 「雫」にて「毒電波」という単語を使い、極端にネガテ..
posted by えみりおん at 05:22

2008年12月29日

今日の5の2 第13話「49時間目「ユビキリ」」

わーい(嬉しい顔)  エロに特化したOVA版はチラッとだけ見た事はあるのですが、それより私はこの、むずがゆくノスタルジックなTV版の方が大好きです。  特に最終話は、幼いカップルのほこほこしたやりとりが何とも可愛らしく、本当に暖かくなりました。  始まる前、オフィシャルのこのほっぺたでかなり引いた人がいたかと思われます。  私もこれは動いて初めて魅力が出る絵だな、とは思っていたのですが、このほっぺたのラインだけは何とかしようぜー、とか思ってしまい。  ..
posted by えみりおん at 05:16

2008年12月23日

今日の5の2 第12話「44時間目「ヤキイモ」/45時間目「コンコン」/46時間目「フクビキ」/47時間目「アマアマ」/48時間目「メリクリ」

わーい(嬉しい顔)  リョータがチカにキスをするシーンはとても良かった。  この様なシーンですとアップにしたりスローにしたり変なエフェクトかけたりして、ベッタベタにしてしまいがちなんですが、逆にロングショットのまま日常の延長線上でスッとキスをさせる。  その後で不意を突かれた様なチカの表情をアップにして気持ちを入れ、慣れないことをして照れ隠しで思わず口を手で拭いてしまうリョータを撮し。  なんという初々しさ、甘酸っぱさ。  子供の頃って、ヤキイモや..
posted by えみりおん at 15:17

2008年12月15日

今日の5の2 第11話「40時間目「ヌキウチ」/41時間目「カモ」/42時間目「カミガタ」/43時間目「コオリ」 」

 子供達が楽しそうに遊んでいるのを見るのは、嬉しくなります。  悩みやケンカなんかあっても、原因は他愛もない事ですし、後ろに引っ張る様な陰湿さは無く。  もちろん現実世界では子供にも色々あるのでしょうが、大人が望む子供の世界ってこういうものではないでしょうか。  大人の為のお子様アニメですね。  プールの施錠越しでの、ちょっと間の抜けた子供達と小林さんとのやり取り。  少しでも声が届く様に、とジャングルジムの上で叫ぶ子供達。  画になるんですよ..
posted by えみりおん at 02:49

2008年12月08日

今日の5の2 第10話「36時間目「アタタメテ」/37時間目「メルヘン」/38時間目「メルヘンII」/39時間目「ヒトハ」」

 なんか違和感のあるお話でした。  「ヒトハ」のオチは弱い上にこじつけっぽく、中途半端に良い話にしようという方向性が軽く鼻をついてしまい。  「愛の形」もそんなに引っ張る様なネタでも無いでしょうし、「メルヘンII」などなんかネタが切れた為に出しました、みたいな劇でちょっと…。  作画は今回良いのか悪いのか解らず。  動いていそうなんですけれどキレがなく、頭もいつもと比べて非常に小さくなっていて違和感が。  かと思えば、崖から這い上るカットで片足を大きく振り上..
posted by えみりおん at 02:12

2008年12月01日

今日の5の2 第9話「32時間目「タイフウ」/33時間目「ファッション」/34時間目「ウトウト」/35時間目「メシアガレ」」

わーい(嬉しい顔)  やはり作画が良いとこのアニメ、俄然おもしろくなります。  キャラクターが生き生きとしていて見ていて楽しい気分に。  今回は特にテンポが良い上にメリハリも良く、細かいボケとツッコミがクルクルと回転し、台風で「仲間」がだんだん増えて行く寸劇など、とても面白かった。  技術的な面でも台風での妄想雨のエフェクトなどかなり凝っていましたし、音響面では「心の声」にリバーブ(お風呂の残響)をかけず、軽くフェイザーの様なフィルターをかけていたりなど、安..
posted by えみりおん at 02:07

2008年11月24日

今日の5の2 第8話「28時間目「メモリ」/29時間目「ハラヘリ」/30時間目「セクラベ」/31時間目「ギュウニュウ」」

わーい(嬉しい顔)  今回は凝った演出や思い切った作画の崩しなどが多く観られ、メリハリの効いた非常に楽しい1話でした。  背比べ対決で両者の足下がアップになるカット割りは、普通なら物理的な視点に囚われ、足が画面の中央に来た時点でカットを切り替えてしまいがちですが、このコンテでは足がそのまま進みフレームアウトぎりぎりまで交差する演出。  これにより二人の対決に対する緊張が猛烈に高まります。  また続くシーンにおける「どっちだユウキ」「あたしでしょユウキちゃん」..
posted by えみりおん at 13:50

2008年11月18日

今日の5の2 第7話「24時間目「カチマケ」/25時間目「ウチアイ」/26時間目「ホンヤ」/27時間目「サンキャク」」

 始まった当初の良作画はなかなか戻って来ませんが、それでもブリッジ歩きだの指相撲だの、はては二人三脚なんかの難しい作画にトライしていて、頑張ってるなあ、と。  この作品が楽しいのは小学生高学年特有の、男子vs女子の衝突をたっぷり見られるところ。  中学生とかになるともう分別がつき始めてしまいますので、ケンカも手加減を覚えはじめたりとか、時には衝突が陰湿になる事もあります。  しかし、このガキ共は本当に、毎日を全力でぶつかり合っていて、その様子が痛快で見ていて楽し..
posted by えみりおん at 19:02

2008年11月13日

今日の5の2 第6話「20時間目「カンサツニッキ」/21時間目「ユウダチ」/22時間目「ジャンケン」/23時間目「ナツマツリ」」

 動きは悪くなかったのですが、なんかこのキャラデザのキモである、ほっぺたから顎へのラインがどうも難しいらしく、全体的に頭が座っていない絵が多かったのが残念。  しかし、それ以外はとても楽しく、特に(作画泣かせではありますが)斜めを多用したアングルだとか、石段での背景を活かしたダイナミックな構図だとか、演出が冴えまくり。  そしてよもやラストでのあの曲。  全体的なまとまりも良く、とても楽しめました。
posted by えみりおん at 18:22

2008年11月07日

今日の5の2 第5話「17時間目「エガオ」/18時間目「ナガレボシ」/19時間目「キガエ」/19.5時間目「キガヱ」」

 やはり基礎体力が持たなかったのか、持ち直したはものの、1〜3話などの様なスムーズに動く作画は、Dパート水泳でしか見られませんでした。  でした、と言いますか、まあそれでも十分眼福ものだというのは解ってはいるのですが、最初にあそこまで力の入ったの見させられちゃうとねー。  今回の様に水着など、ボディラインがはっきり解るお話ですと、このキャラクターデザインの面白さが浮かび上がります。  特に女子。  女の子の体型がおしりを下に洋梨型で下半身デブなんですね。 ..
posted by えみりおん at 06:54

2008年11月01日

今日の5の2 第4話「13時間目「ミズカケ」/14時間目「キセカエ」/15時間目「ウエシタ」/16時間目「ダマシウチ」」

 いきなりパワーダウン。  特に作画が、かなり辛かった。  と言っても、これが普通のいわゆるアニメ絵的なキャラクターデザインでしたら、多少作画の質が悪くてもまだ誤魔化しが効いたとは思うのですが、この作品の様な特殊なキャラデザの場合はそうはいかず。  キャラデは近岡直さん。  OPの作画監督もされており、指切りをするカットでの浮いた爪や、指の関節、肉や筋まではっきり解る作画。  続くユウキとメグミがバロムクロスし、スキップしながら回転するカットでの正確さな..
posted by えみりおん at 01:41

2008年10月25日

今日の5の2 第3話「9時間目「サコツ」/10時間目「トショシツ」/11時間目「メクリ」/12時間目「ジッケン」」

わーい(嬉しい顔)  安定していて面白いなあ。  これは中途半端に性に目覚めかけている微妙な年頃の少年少女が、ひょいっと日常に入ってきたエロシチュエーションにどう反応して良いか解らずにドキマギする様子を楽しむ、という作品。  なので「でっへっへ」という露骨なエロはありませんし、それこそ鎖骨であるとか肩車であるとか、自覚の無い無防備さにドキドキする様が見所。  今回はそのチャンスはいくらでもあったものの、パンチラなどは一切無し。  これらの「見せない描写..
posted by えみりおん at 15:13

2008年10月19日

今日の5の2 第2話「5時間目「ネコノテ」/6時間目「マケナシ」/7時間目「ボールアライ」/8時間目「ヌレギヌ」」

わーい(嬉しい顔)  最初キャラデザ見た時は、これは動いてみないと判断できないな、と思ったのですが、何とも気持ち良く動く事。  1話の作画は、良く動いてるなあ、と感心するタイプだったのですが、2話では、お前ら全員フェチ野郎だろう、という作画。  でっかい頭を重たそうにフラフラさせながら、今にも折れそうな細い胴体と手足。  そして、その棒っ切れの様な手足に、筋肉やスジではなく、ちゃんとぷにっとしたお肉が乗っている事が解る作画。  ロリ心が解ってる人でない..
posted by えみりおん at 09:23

2008年10月10日

今日の5の2 第1話「グラグラ/スーパーボール/ノリノリ/アメフリ」

 多分あちこちで言われてるだろうなあ、と検索してみたらやっぱり(笑)。  この手のは金田伊功さんの流れを汲む特殊な作画で、主にアクションシーンにてポイントを絞って見せたり、もしくは決めポーズの緊張感を出す時に使ったりもしますが、静止画だけで見るとかなり奇天烈な絵に見えてしまいます。  また、タメとタイミングが猛烈に難しいので、アクションシーン以外での使用はまずされません。  これを日常アニメにてメインで使うってのは、かなりの冒険だろうなあ。  と言いま..
posted by えみりおん at 23:49
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。