2009年10月22日

夏のあらし! 〜春夏冬中〜 第3話「時をかける少女」

 今回のあらしさんの表情は可愛かったな。  でも、全体的に濃い絵面とくどい台詞がちょっと苦手。  今後は気が向いた時に見る様にしましょう。
posted by えみりおん at 13:14

2009年10月12日

夏のあらし! 〜春夏冬中〜 第2話「ギャランドゥ」

 なんか、OPの力というのは強いなあ、と。  実は前期を途中で切ってしまった大きな理由の一つに、あの前期OP曲の品の無さが生理的に受け付けなかったというのがあり。  あの曲を毎週聴かなきゃならないのか、と思うだけで視聴モチベーションが下がってしまったものです。  随分と潤くんを全面に押し出していますが、彼女がメインヒロインだったりするんですかね。  恥じらい中心のドタバタは、やはり楽しいものです。  背景動画で一が潤を追いかけ回すシーンは、「うる星や..
posted by えみりおん at 03:06

2009年10月05日

夏のあらし! 〜春夏冬中〜 第1話「夏休み」

 前作は世界設定とかストーリーがちょっと受け付けなくて切ってしまいましたが、今回のこの潔いまでの内容の無さは、逆に清々しささえ感じてしまいました。  男性キャラのウザさも苦手で、個人的にあまり主人公とかに動いてもらいたくないのですが、それはさすがに無理でしょうかね。  今回は無駄に、本当に無駄に良く動いており、化物語に作画スタッフ回してやれよ、とかいらん事を考えながら観ていました。  とりあえず水着ご祝儀という事で、様子見させて頂きます。
posted by えみりおん at 22:05

2009年05月19日

夏のあらし! 第5話「秘密の花園」

ふらふら  まあこの辺までかな。  シリアスパートも詰めは甘いですし、今回の様なコメディパートでもテンプレートに沿っているだけ。  お話しがもっと面白くなれば演出で押せたのでしょうが…。  あと私、主題歌がダメでしたねぇ。  なんか小学生が、うんこチンコの替え歌うたってるみたいでストレートすぎ。  もうちょっとスマートに出来なかったものでしょうか。  視聴断念。
posted by えみりおん at 06:31

2009年05月09日

夏のあらし! 第4話「想い出がいっぱい」

 構成がとても弱い。  校舎、自主製作映画、旧友というモチーフはロケーションとしては繋がっているものの、ドラマとして繋がってはおらず。  そもそも新キャラのお披露目だというのに、このインパクトの無さはどうでしょう。  カヤ登場と同時に過去に飛んでしまい、せっかくの初登場なのに文字通りカヤの外。  その過去に飛ぶという毎回のお約束も、相当巧くやらないと今回の様に、ただ単にドラマの流れをぶった切るだけになってしまいます。  そろそろ辛くなってきましたか。..
posted by えみりおん at 13:02

2009年04月20日

夏のあらし! 第3話「守ってあげたい」

 現代パートと過去パートがまるっきり分離しているのが辛い。  方舟での会話は面白味に欠けますし、UFOキャッチャーでの寸劇はベタ過ぎて。  過去での救出話も、タイムトラベル物としては余りに今更な内容。 「箱船」という喫茶店のネーミングからして、他にもシカケはあると思いますので、それらを期待したいと思います。
posted by えみりおん at 02:04

2009年04月19日

夏のあらし! 第2話「少女A」

 うーん、相変わらずどこが面白いのか解りません。  主人公である一はジタバタ暴れるだけでストーリーを引っ張っていけず、同じくヒロインである小夜子も特殊な能力を持っていそうな感じなのに、こちらは地味すぎて魅力が足りず。  結局サブキャラであるマスターとグラサンが全部持って行ってしまいました。  どこを見せたいのかがまだ全然見えず。  頑張って頂きたいものです。
posted by えみりおん at 17:06

2009年04月09日

夏のあらし! 第1話「プレイバックPart2」

 これは解りません。  笑いどころがドコなのか、という時点から解りません。  もともと新房作品は原作との相性でかなり浮き沈みが激しいのですが、これはどうなんでしょう。  本当に正直なところ、面白いのかつまらないのか、判別がつかず。  しかし少なくとも、全体的なテンポが悪く、作画もキレが無かったのだけは何とか解りましたが…。  いやその前にこれってコメディ物なのか、もしかしたらシリアス物なのか…。  …まずは様子見するしかなさそうです。
posted by えみりおん at 18:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。