2008年02月09日

仮面ライダーキバ 第2話「組曲・親子のバイオリン」

 うーん、事件は起きるのですが葛藤が見えず。  謎は解かれても心理的なカタルシスが見えず。  私の物覚えの悪さもあるのですが、未だにキャラクターがどんな配置になっているのかもさっぱり。  理解しようと頭をフル回転させないとお話を楽しめない番組というのは、ちょっと辛いです。  電王ご祝儀で2話まで観ましたが、視聴断念。
posted by えみりおん at 14:09

2008年01月28日

仮面ライダーキバ 第1話「運命・ウェイクアップ!」

 あ〜…。  とりあえず、攻略本下さい…みたいな。  登場人物がメチャクチャ多く、アレルギー男、モデル女、スケコマシ男、という「記号」でなら何とか判別付かない事はありませんが、そこにまだ「キャラクター」が見えていないので、当然感情移入は出来ず。  バトルシーンも息苦しいアップの連続で爽快感が無く、目まぐるしく過去と未来へ舞台が飛ぶ演出も、解りにくく混乱するだけ。  まあ、この様な「まずバーッと見せてしまう」という作りは、第1話では良くある事ではありますが…..
posted by えみりおん at 06:36