2011年09月05日

アイドルマスター 第9話「ふたりだから出来ること」

 今回のコンテはクセが強いなあとか思っていたら「夢喰いメリー」の山内重保さんでした。  サスペンダーぱっちんとか、「ストロベリー・パニック!」の千華留様の靴下ぱっちんの高橋丈夫さんかとも思ったのですが、ちょっとフェチの方向性が違うかなと。  結局スタッフロールを見た後で、そういや無意味におヘソのカットが多かった事に気づき(笑)。  やたらと顔アップが多かったのも、サスペンスものの息苦しさの演出ではなくてコンテの癖だったみたいで。  いやあ、スタッフ当てクイ..
posted by えみりおん at 23:40

2006年10月15日

乙女はお姉さまに恋してる 第2話「けせない消しゴム」

 うーん、惜しいなあ。  せっかく消しゴムという小道具があるのに、前半にてそれらを交換しただけで終わり、後のフォローは全く無し、とは。  サブタイにも「けせない消しゴム」とあるので、この小道具を使ったドラマが展開される事を期待してたのですが…。  後の話に繋がるのだとしても、ラストでチラリと見せる等して伏線を張るくらいの事はしても罰は当たらないかと。  しかし、基本的には上品な学園ドラマに仕上がっており、その上で感情の起伏の激しいキャラや、学内での力関係など色..
posted by えみりおん at 01:15

2006年06月23日

ストロベリー・パニック! 第8話「紫陽花」

現場百回イィィッ!!
 視聴断念はしていたものの、百合モノという事でチラチラとは覗いていたこの作品ですが、なんかやっと面白い回に出逢えたかな、という感じ。  とにかくこのアニメ、枚数制限が極端に厳しいのか、動きません。となるとお話を面白くするにはコンテの力を借りなければならない訳で、今回の絵コンテは高橋丈夫さん。  そんなに数をこなしている方ではないのですが、無印ローゼンメイデン2話「雛苺-Kleine Beere-」とかで良いコンテを見せてくれた方です。  ..
posted by えみりおん at 15:56

2006年04月28日

ストロベリー・パニック! 第4話「白馬の君」

ふらふら  いくら百合モノと言えど、そろそろさすがにつらい。  だらけてチラチラよそ見をしてしまっても、もったいないと感じない映像。人物の動きも一辺倒で、生きている人間に見えません。  実は先週マンガを買って、これはアニメの方完全に負けてるわ、とか思ってしまい。  ここまで観ておいて、ぐっと来る回が無かった訳で、期待も出来なさそう。  視聴断念。
posted by えみりおん at 01:18

2006年04月18日

ストロベリー・パニック! 第3話「屋根裏」

 エトワール様に近づくとフラフラしてしまう渚砂ちゃんですが、エトワール様なんか身体からヤヴァい放射線とか出してませんか?  ミアトルの肩の膨らみ、ル・リムのチェックスカートとか、制服デザインが可愛いので、それだけで幸せ。  というか、それ以外あんまり幸せでないの…このアニメ。
posted by えみりおん at 03:20

2006年04月12日

ストロベリー・パニック! 第2話「エトワール」

ふらふら  全体的にもっさりとしていて、メリハリの無い演出が辛いです。  例えば、朝キスされそうになったと教室の前で囲まれるシーンなど、会話のテンポが悪く間延びした感覚を受けるのですが、図書室での逢い引きなどを見てドキドキするシーンなどは逆にさっぱりしすぎ。  どこを見てもらいたいのかが、はっきりしません。  また、渚砂に寄ってくる女の子達が、渚砂のどこに惹かれているのかがまるで見えません。  別に愛だの恋だのに理屈づけろという訳ではなく、そ..
posted by えみりおん at 00:27

2006年04月04日

ストロベリー・パニック! 第1話「櫻の丘」

 さて、そして続く百合アニメはストロベリー・パニック。  こちらも見ている間顔が緩みっぱなしで、だらしない事になっておりました。  しかし…シムーンよりは良い感じですが、何というか、優等生。  王道と言えば聞こえは良いのですが、捻りの無い展開にちょっと脱力。  それでも見せ方でねじ伏せてくれればよっしゃあ、となるのですが、全体的に動きの少ない画作りで、主人公も受け身、とアニメマリ見ての悪い部分だった所をそのまんま持ってきてしまった様な…。  キャラデザや..
posted by えみりおん at 04:05
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。