2007年04月15日

アイドルマスター XENOGLOSSIA 第2話「アイドルのマスター」

 元を大きく改変しても結果的に面白くなれば構わないのですが…。  どうもこの、一度捕まえたギャグは放さへんで〜、というペンギン着ぐるみネタとかが、くどい上に新鮮味がありません。  同じように様々な小ネタを挟み込んで来るのですが、どれも上滑りさせる事を前提にしている様な味気なさ。  司令室のやりとり等も「プロフェッショナル」がまるで感じられず、つまりはその間逆にある「呑気さの裏にある余裕」を際だたせる事も出来ていません。  主人公とiDOLとの共鳴も、説明さ..
posted by えみりおん at 09:10

2007年04月05日

アイドルマスター XENOGLOSSIA 第1話「上京ペンギン」

 派手で見栄えが良く、ロボの発進シーンプロセスなどはなかなか格好良かった。  また、作画も良く動いていて、絵面的なキャラクターの魅力も抜群。  ただ、ドラマ的な盛り上がりが殆ど無いのが致命的で、ヒヤヒヤしたりわくわくしたりの、感情的な部分に訴えてくるものがありませんでした。  所謂本当に、アイドル的な可愛い女の子を「眺めて」喜ぶアニメになる可能性がありそうです。  ちょっと様子見。
posted by えみりおん at 02:39
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。