2011年04月08日

まりあ†ほりっく あらいぶ 第1話「禁断の女子寮」

 寮長先生の中の人の演技がなかなか興味深い。  お茶菓子を口に入れる時、普通の役者さんなら「あむっ」とか声に出すところですが、敢えて息の演技だけで仕掛けてきております。  色々な意味で安定していますし、何話から見ても楽しめるオムニバス的な作り。  百合好きとしてはこういう変化球は苦手なので毎回楽しみに見るという事はありませんが、気が向いたら見てみる事にします。
posted by えみりおん at 02:53

2009年01月19日

まりあ†ほりっく 第3話「ケンカでも」

ふらふら  どうやら長尺モノローグを延々と聞かせるのが芸風らしいのですが、その台詞もあまり練られた感じを受けず、くどいだけでさして面白味がありません。  せめて主役の声に魅力があれば我慢できるのですが、肩に力が入りまくりの濁声。加えてラ行がまともに言えていない状態なので、とても耳に優しくありません。  奇抜な演出でのフォローも、そろそろ疲れが見え始めて来た様で、この辺が切り時でしょうか。  視聴断念。
posted by えみりおん at 02:10

2009年01月12日

まりあ†ほりっく 第2話「甘美な疼き」

 シャフトなので映像は見応えがあり、特に初お披露目のOPは動きの気持ちよさに満ちていて、大変楽しめました。  しかしお話の方にメリハリがなく、1話から同じシチュエーションを繰り返しているだけ。  ドラマに流れが無く、ブチブチとシーンだけが繋がって行く様は、今風とでも言うのでしょうか。  もう少しだけ様子を見てます。
posted by えみりおん at 02:35

2009年01月05日

まりあ†ほりっく 第1話「戯れの接吻」

 新房シャフトの倒錯ものらしい、という事でかなりの期待をしていましたが、普通に楽しかった。  逆に言えば期待しすぎだったかな、と。  鞠也の女装は倒錯によるものではなく、単なる扮装ですし、心は男のまんま。  かなこの百合趣味も「女の子が好き」なのではなく「男が嫌い」なだけの様です。  多分物語の方向性は、かなこと鞠也が反目し合いつつも仲良くなって行くというものだとは思うのですが、そうなると普通のラブコメ。  初期設定がこうなので今のご時世、原作を逸脱..
posted by えみりおん at 03:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。