2012年08月15日

ゆるゆり♪♪ 第7話「姉妹事情あれこれそれどれ」

 2期では第1話ぶりに作画がとても良くて嬉しかった。
 もともとあまり動きの少ない作品ですし、今回の様に櫻子がジタバタするシーンなどではやはり作画が良いと魅力倍増です。

 今回面白かったのは、向日葵に家を放り出された櫻子の作画。
 ギャグアニメではこの様なシーンでは受け身のアクションを取らないのがお約束なのですが、何気に櫻子が片足を付いて「おっとっと」となっている辺りが面白かった。

 アニメ版の謎とされていた、ひまさくの隣マンションの謎も(周囲に指摘されたからかw)解明されましたし、櫻子のアイキャッチでのバカ特有のステップも健在。

 楽しい1話でした。


タグ:ゆるゆり
posted by えみりおん at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月11日

戦国コレクション 第19話「Vengeful Fang-IS」

わーい(嬉しい顔)

 この作品、シリーズ的にバリエーションはあっても世界感は統一しております。
 だから今回の他キャラの顔出しや、ラーメンを食べる時などの演劇的な板付き芝居、そしてアバンにて記憶を失っている光秀などを見るに、視聴途中から今回は茶番劇だという事が徐々に分かってきます。

 誰が何の目的で、というのもアバンを思い返せばすぐに分かり、と同時にキバヤシ君があそこで消えたのは…とラストに向かってジグソーパズルがカカカカーンと組み合わさっていくこの快感。

 前回に引き続き、ズシンと見応えのある傑作。
 これは最終話に向けて見逃せない作品になってきました。
posted by えみりおん at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月10日

うぽって!! 第6話「うばって あせって」

 3話も引っ張ったわりには、あっさりした終わり方でした。
 しかもAパートで終わってBパートでは別のお話とか、妙な構成しています。

 しぐちゃんの復活は別に、おっとどっこい生きていたでも全く構わないのですが、やるのならその場でやって欲しかったでしょうか。
 次週に引いた上でギャグで落とされると、感動して損したって気になってしまいます。

 まあ感動なんか期待するほうが悪いと言われれば、そういう作品なのかと諦めるしかなくなりますが。

 また楽しい展開を期待しています。
タグ:うぽって!!
posted by えみりおん at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

人類は衰退しました 第6話「妖精さんの、おさとがえり」

 しかし「境界線上のホライゾン」や、「うぽって!!」、そしてこの「人類は衰退しました」と、アニメ初心者にあまりにハードルの高い作品が連発されてますね。

 で、それらが結構良い出来なので、これがまた困りもの。
 知らず知らず我々アニメファンは、一般の人と価値観の齟齬が修復不可能な程かけ離れてしまった気がします。

 もちろんそれらはアニメに限った事ではありませんし、一般の人でも普通にキン・ザ・ザ見てますってのも居るでしょうから一概には言えませんが、昔からのドラマツルギーが通用しない時代に突入してしまったんだなあとか、ぼんやり感じております。
posted by えみりおん at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

輪廻のラグランジェ season2 第5話「鴨川上空衛星軌道にて・夏」

 自分一人だけが犠牲になり、二つの世界を救おうとしたユリカノ。
 しかし今度はユリカノの時の様に全部一人で背負い込む形ではありません。
 ランとムギナミがいます
 少なくともそれだけで希望は見えてきます。

 ランがムギナミを拘束させたシーン。
 一瞬ランが覚悟を決めたなとか思ったのですが、直後にムギナミが「何で裏切ったの」みたいな事を言いアレ? と。
 ここまでこのアニメを見ている視聴者ならば、ムギナミの今更なこの言葉にこれは裏に何かあると感じさせられる楽しいシーン。

 また意外と思慮深いと思ったユリカノが、まどかと同じ所まで降りていって殴り合いとか、根っこのところでこの二人は繋がってるんだなと感じさせられ、これまた楽しくさせられました。

 展開はハードですが、着地点は大団円しか見えず。
 安心して見られるシリーズです。
posted by えみりおん at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スマイルプリキュア 第25話「夏だ!海だ!あかねとなおの意地っ張り対決!!」

 黄色の一人遊びがなかなかシュールだったので、これは捻ってくるかなと思ったのですが、なんか普通の展開でした。

 最後までいがみ合ったままで倒しちゃって、こういう仲良しもあるんだよねという展開を期待していたのですが、まあいいか。

 次回作画ヤヴァそうです。
タグ:プリキュア
posted by えみりおん at 18:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

じょしらく 第5話「娘ほめ/小洒落町/眼鏡別れ」

 Aパートは楽しかったのですが、なんか結構ネタに浮き沈みがありますね。
 Bパートのオチの「いいから食え!」とかって古典的な落とし方で、すごく浮いてる気がして。

 あとマリーさんが履いてた若い左官屋さんみたいな紫のアレはさすがにどうよ。
 単にファッションに頓着しない性格なだけかと思ったのですが…。

 何とかレンジャーってネタはさすがに安易すぎて、もう出てくるだけでフッと目を逸らしたくなってしまいます。
タグ:じょしらく
posted by えみりおん at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

戦国コレクション 第18話「Four Leaves」

わーい(嬉しい顔)

 モチーフが難病を患っていた大谷吉継ですし、中途半端な事はしないだろうと思っていましたが、ここまでやるとは思いませんでした。

 4階の4号室、黒猫、天を掴む腕のように伸びるアボガド。
 てんこ盛りの死の暗示。
 運に見放された二人の女性は、互いに励まし合う事でしか生きていく術はありませんでした。

 お婆さんを助けたからといって、アニメの様にそのお婆さんが後に助けてくれる事も無く。
 どこまでも、冷たい現実だけを突きつけてくるストーリー。
 一切のBGMを廃した演出が痛いくらいです。

 エンジェルに助けてもらいたかった吉継。
 手紙が来ないからと癇癪までおこして。

 しかしラストカット、「自分の写真」に四つ葉のクローバーを添えていたのを見た吉継は、その時はじめて自分がエンジェルの支えになっていた事を知りました。

 助けられるだけではなく、助けてあげるだけでもなく、互いに助け合う本当に対等の立場だった事に気づいて、その時やっと二人は本物の友達になれたのでした。

 全ての望みが絶たれた時、人はどう生きて行けば良いのか。
 この機会にじっくりと考えてみたいと思います。

戦国コレクション Vol.03 [DVD]戦国コレクション Vol.03 [DVD]

戦国コレクション Vol.02 [DVD] 戦国コレクション Vol.01 [DVD] 戦国コレクション Vol.04 [DVD] 戦国コレクション Vol.05 [DVD] 戦国コレクション Vol.06 [DVD]

by G-Tools


posted by えみりおん at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貧乏神が! 第5話「どっちが貧乳なのかな〜?ん?ん!?ん!!?」

 市子が恵汰の家に行き「息苦しい」とつぶやくシーンはなかなか良かった。
 そうそう簡単に日和らない根性のあるヒロイン。
 この辺が可愛いなとか思う次第です。

 テンション高すぎで少々疲れたり、パターンが何となく見えて来てしまったりなどありますが、基本的には好きなアニメ。
 最後まで楽しく見られるといいな。
タグ:貧乏神が!
posted by えみりおん at 21:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うぽって!! 第5話「かすって さかって」

やる時はやるんだから文句ゆうなー。

 いや、やってくれますね。
 文句など出ませんよ。

 何気にこの作品では描かないと思っていた「痛み」を出してきた辺り、ちょっとびっくりました。
 出そうと思ったらもっと早くから出しても良かったはずで、この回まで取っておいたのでしょうか。

 そして前後編かと思ったらよもやの3話構成?

 ほのぼの青春と硝煙と、エロと殺戮と。
 思ったよりすごい作品になってきましたよ。
タグ:うぽって!!
posted by えみりおん at 20:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人類は衰退しました 第5話「妖精さんの、おさとがえり」

 ロストしてしまった曖昧な過去の文化を辿って生きている辺りが、ホライゾンと基本設定は同じ感じがします。

 妖精さんのニュートラルな立ち位置がかなり面白いのですが、妖精さんと積極的に交流しているのが主人公さんだけみたいなので、逆に主人公さん以外の人が妖精さん達の事をどう捉えてるかが興味あります。
 敵対しているわけでもないので、ぼんやりと興味が無いのでしょうか。

 またこの様な、世界の持つ価値観が微妙に解らない感じになっているのが良い感じで、神秘的ですらあります。
 科学体系化された魔法に神秘性が失われるのと同じく、お話も謎を謎のまま引っ張る魅力というのがありますしね。

 のんびりした中にかなりシビアな状況などもあり、この妙なバランス感覚が個人的に気に入っています。
posted by えみりおん at 14:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

境界線上のホライゾンII 第4話「劇場の支配者」

 相変わらず何をやってるのかさっぱりなんですが面白い。
 しかし当然何をやってるのかさっぱりなんで、感想を書こうにも書きづらいもの。

 以降は感想書きは止めて、Twitterつぶやきのみにしましょう。
posted by えみりおん at 09:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月07日

輪廻のラグランジェ season2 第4話「再会の街、鴨川」

 ノリと思いつきだけで行動する危なっかしいヒロインたち。
 ロリ会長を筆頭に周囲の大人たちは胃に穴が空きそうです。

 でもまあ、そんな風に自由に振る舞えるのは子供の特権ですから。

 ランが何気に感情豊かなので見逃していましたが、ディセルマインさんも実は普通の人間(?)だったんですね。
 ただ表情に出ないだけ。

 理性のラン、激情屋のムギナミ、そしてまどか。
 この三人の構図って、スタートレックの理性のスポック、激情屋のマッコイ、そしてその二人の仲裁をするカークの三人と同じです。

 しかしカークポジションのまどかがお馬鹿さんなので、逆に二人がまどかのトラブルシューター役になっている辺りが楽しい感じです。

 1期では殆ど描かれなかったレ・ガリテへの潜入。
 アレを潜入と言って良いのかはともかく、舞台がバンバン変わるので見ていて飽きませんね。
posted by えみりおん at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆるゆり♪♪ 第6話「【速報】ゆるゆり完売」

 基本的に過去ネタの再イジり。
 相変わらずクドいネタが好きみたいですが、それよりもキャラの掘り下げとかを見てみたかったところです。

 とりあえずボーリングの球にされたガンボーさん、女の子の指をどこに突っ込まれていたのかが気になって夜も眠れません。
タグ:ゆるゆり
posted by えみりおん at 02:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月06日

わんおふ -one off- 第1話、第2話

 いつの間にか自分で自分に枷をはめてしまい、前に進めなくなってしまった春乃。
 2話ラストにて涙が出るほど感動した海の前で、一人では何も出来ない事に気づけたと語る彼女に、正直ドキリとしました。

 サトジュン作品にしては珍しく、意外と卑屈な主人公。

 しかし山の上の良い場所にシートとコーヒーメーカー持ち込んで一服など、お腹いっぱいとぶつくさ言いつつも、その町での楽しみ方を自分でちゃんと作っています。

 この辺の彼女の持つ良さを本人が自覚出来ていない辺り、なんとも可愛いものです。

 さて、ちょっとまだ色々と判断するには早い感じ。
 のんびりと見ていきたいと思います。
posted by えみりおん at 06:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月02日

じょしらく 第4話「眼鏡小娘/よいよい台場/兎の目」

 人を殴ったりするアニメで過剰に反応してしまう事はあります。
 私も「日常」とかはダメだったんですが、このアニメではむしろ痛快。

 魔梨威さんのように、殴られる人がいかにも頑丈そうで調子に乗りやすいキャラですと「どつき漫才」が成立したりします。

 あとこの作品で面白いのは、ツッコミ役が固定されてないところですね。
 Cパートの可愛いネタで、珍しく木胡桃がツッコミに回っていたのが印象的でした。

 メリハリもカット割りのタイミングも良く、ネタも質量ともにあって良いエンターテインメントです。
タグ:じょしらく
posted by えみりおん at 10:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月31日

ゆるゆり♪♪ 第5話「日本の夏 ゆるめの夏」

 何気に京子は、まめなジゴロ
 結衣も彩乃も、ちなつにも、目をつけてる女の子には(金を使わない方法で)いろいろ気に掛けてるんですよね。

 こういう気遣いが出来ないから私はモテないんだろうな

 そして他人の家に勝手に入り込んで、この傍若無人な振る舞い。
 うむ、それでこそ櫻子だ。
 君は注意欠陥多動性障害の疑いがあるから、一度診てもらった方が良いぞ。

 今回も、ゆるくて幸せな時間でした。

ゆるゆり (9)巻 限定版 (百合姫コミックス)ゆるゆり (9)巻 限定版 (百合姫コミックス)
なもり

ゆるゆり (8)巻 限定版 (百合姫コミックス) ゆりゆり (百合姫コミックス) コミック百合姫 2012年 09月号 ゆるゆり コミックアンソロジー  VOL.6 (DNAメディアコミックス) ゆるゆり(7) (IDコミックス 百合姫コミックス)

by G-Tools

タグ:ゆるゆり
posted by えみりおん at 02:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

氷菓 第14話「ワイルド・ファイア」

わーい(嬉しい顔)

 実は見続けてましたシリーズ。
 文化祭編から何か吹っ切れたのか、俄然面白くなりました。

 当初の世界感ですと千反田さんの言動は近寄りたくない電波娘にしか見えなかったのですが、文化祭というお祭りの中では、マスコットとしてキラキラと輝いています。

 里志をリーダーに頑張る女の子たち。
 意地を張って悔しがったり、ボケて大失敗したり。

 そして今回、小麦粉を渡した奉太郎を古典部メンバーは不必要に持ち上げたりしませんでした。
 それは結果的に奉太郎に対する視聴者の好感度を上げる事になったのではないでしょうか。

 この感じでこの後も楽しくなると良いなあ。

コスプレウィッグ★氷菓(ひょうか)★千反田 える(ちたんだ える)コスプレウィッグ★氷菓(ひょうか)★千反田 える(ちたんだ える)

yamasaki
売り上げランキング : 71170

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タグ:氷菓 傑作
posted by えみりおん at 21:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人類は衰退しました 第4話「妖精さんたちの、さぶかる」

 これは賛否割れそうですが、好き嫌いで言えば私は好きです。

 当初はファンタジーコメディかと思ったのですが、要するにハルヒを妖精さんに置き換えた何でもアリアリ物って感じなんでしょうか。

 なにぶんにも前後編構成で実質まだ2話が終わったばかりなので判断は出来ません。
 で、2話とか4話とかになると見るのが苦痛になってきたら切っちゃうんですが、良く分からないんですが見ていて楽しいのでこのまま見続けてみます。

 作画は悲惨な事になってましたが、まあ今回だけですよね?
posted by えみりおん at 20:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

境界線上のホライゾンII 第3話「土上の下り者」

 今回は交渉話。
 私は数字とか苦手で、特に経済は全然ダメ。
 今更「まおゆう」とかで勉強しているくらいです。

 何がどうなったのかは大雑把には分かりましたが、どこが凄いのかは今ひとつ解らず。
 これは私の勉強不足でしょうか。

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」
橙乃 ままれ toi8

まおゆう魔王勇者 2忽鄰塔(クリルタイ)の陰謀 まおゆう魔王勇者3 聖鍵(せいけん)遠征軍 まおゆう魔王勇者 4この手でできること まおゆう魔王勇者 5あの丘の向こうに まおゆう魔王勇者 5あの丘の向こうに 特装版

by G-Tools

タグ:ホライゾン
posted by えみりおん at 17:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

この中に1人、妹がいる! 第4話「妹のヒーローはお兄さま!」

 タイトルがタイトルなので最終話近辺まで引っ張るかと思ったら、あっさりと犯人が解ってしまい、正直拍子抜け。
 そんな感傷的なBGMで誤魔化そうとしても、このたちの悪いイタズラの罪は消えんぞ!

 しかし序盤のミステリー展開はお見事。
 心乃枝を探して階段を駆け下りるシーンにて、下から上がってくる芽依と鉢合わせるカットつなぎなど、音響演出も相まってホラー的でさえあり。

 結局本物の妹は別にいる様ですし、とりあえず一区切りでしょうか。
タグ:妹がいる!
posted by えみりおん at 03:11 | Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦国コレクション 第17話「SUNSHINE Ruler」

ぼぉく〜卜伝ッ!

 もうこのフレーズが頭から離れなくて困っております。

 さて、今回は「老人ホームは嫌だ」とかのちょっと配慮にかける台詞とか、色々と気になる部分が多かったでしょうか。
 結局呪いは何だったのか、その呪いを信長ちゃんだけが破れる説得力の不足とか。

 でも、さっそく呪いに負けない魔法学校を作るとかモブ長ちゃんも言ってるし、まあいいかな〜。

 そして次回は大谷吉継ちゃんかよ。
 またデリケートなキャラを持ってきたものです。
 お手並み拝見とまいりましょう。
posted by えみりおん at 02:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TARI TARI 第4話「怒ったり 踊ったり」

 青春ものをやろうとして微妙に空回りしてる感の強かったこのアニメ。
 感想書きは1話切りしてしまいましたが、こういう青臭い青春ものって大好きなので実は見続けていました。

 学生だけで紡がれるお話は、どうあがいても世界感は閉塞してしまいます。
 そこに現れたじいさんトリオ。一気に物語が引き締まりました。

 何も悩みが無さそうに寝ている来夏の顔にぬいぐるみを置いたり、猫を呼んだのにお腹を踏みつけられたりとか、もやもやした感情をこの様な小芝居で見せる演出はとても良い感じです。

 また良いお話が来たら感想を書いてみたいと思います。

DreamerDreamer
AiRI

ランティス 2012-08-01
売り上げランキング : 194

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タグ:TARI TARI
posted by えみりおん at 01:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

貧乏神が! 第4話「縮んど〜るやな〜いか!」

 今回はちょっと先読みしやすい展開でした。

 今までの、「おっと、ここで入れてくるか」とパチンと指を鳴らしたくなるようなタイミングではなく、「はいそろそろ浪花節入れますよ、泣く準備は良いですね」というベタな感じになってしまったのは残念。

 かようにスタンダードな作りというのは難しいもの。
 恐らくですが基本パターンは一つだけだと思うので、基礎体力がモノを言うところでしょうか。
タグ:貧乏神が!
posted by えみりおん at 02:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だから僕は、Hができない。 第3話「危険なアイドル」

待ってましたの高橋丈夫さんコンテのED。
「聖痕のクェイサー」EDなみのぶっ飛んだのを期待していたのですが、枚数制限でもあったのかおとなしめでしたね。

 本編は下野紘さんの生き生きとした演技が気持ちよかったです。
タグ:僕H 視聴断念
posted by えみりおん at 02:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うぽって!! 第4話「うたって きそって」

 設定こそは超キワモノなのですが、ドラマ作りが堅実かつ上品なのがとても好きです。

 高見明男さんによるムッチムチのキャラクターデザインは、「かのこん」の様なそのまんまなエロ路線より、このような青春ドラマとのミスマッチで生きる気がします。

 今回は作画も今ひとつでしたし、傑作マークは次回に取っておこう…!

TVアニメーション「うぽって! ! 」エンディング・テーマ「ひめくり」《DVD付初回限定盤》TVアニメーション「うぽって! ! 」エンディング・テーマ「ひめくり」《DVD付初回限定盤》
佐土原かおり

うぽって! !  (4) オリジナルアニメBD付き限定版 (カドカワコミックス・エースエクストラ) TVアニメーション「うぽって!!」オープニング・テーマ:I.N.G《DVD付初回限定盤》 うぽって!! Blu-ray 第1巻 うぽって!! Blu-ray 第2巻 うぽって!! Blu-ray 第3巻

by G-Tools

タグ:うぽって!!
posted by えみりおん at 01:36 | Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

輪廻のラグランジェ season2 第3話「鴨川エクスペリメント」

わーい(嬉しい顔)

 ランの時は精神の負荷をそのまんまかけていた様ですが、まどかの場合はおばかが幸いしてか実験は失敗。
 そこにロリ会長の捻った反則技が炸裂しました。

 めくるめく交尾のモンタージュ
 見ている我々はもう大喜びですが、勿論それだけではありません。

 真っ直ぐなまどかの精神、そして内に宿る「何か」。
 無傷でそれを引き出そうとしたロリ会長の発想と機転など。

 サービスてんこ盛りの中にしっかりと、彼女たちでなければ出来ない事を描いております。

「彼女たち」と言えば、輪廻が開きかけた時の血のイメージ。
 処女、経血。
 そして子宮を連想させる輪廻のビジュアル。

 主役が女の子がでないと売れないと嘆く前に、では女の子でしか出来ないSFドラマは作れないのだろうか
 そんなスタッフの意気込みと発想があるような気がしてきました。

 前回でプロローグが終わったので暫くお遊び回が続くかなと思いましたが、いきなりの核心。
 このアニメ、油断できません。

ガシャポン デジタルEYE 輪廻のラグランジェ 超ジャージ部魂スイング まどか水着ver.抜き4種セットガシャポン デジタルEYE 輪廻のラグランジェ 超ジャージ部魂スイング まどか水着ver.抜き4種セット


by G-Tools

posted by えみりおん at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

スマイルプリキュア! 第24話「プリキュアが妖精になっちゃった、みゆ〜!?」

「プリキュアのみなさん…!」「プリンセス様!」
起きてる〜?

 これ、サニーの中の人のアドリブだったら凄いな。
 大笑いしてしまいましたよ。

 背景が随分アレだったんですが、バトルに入ると古い絵本を滲ませた様なエフェクトをかけていて、なんかかっこ良かった。
 本当に背景がアレなのか、演出としてこうしたのかはちょっと解りませんでしたが。

 そしてお前ら、わざわざ海に行くのにまた水着になる事だけは断固拒否するつもりかッ!
 実はこっそり楽しんでいるお父さんとかもいるハズだし、玩具のお金を出すのはお父さんお母さんなんだから、そんくらいのサービスしてもバチは当たらんと思うぞ。
タグ:プリキュア
posted by えみりおん at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ココロコネクト 第3話「ジョバーとローブロー」

 シリアスとコメディをスパッと分離するのではなく、お汁粉の中の塩みたいに上手く隠し味として同居できれば良い感じになるかとは思います。
 今の状態ですと、餡と塩を別々に舐めている感じでしょうか。

 基本的にハッピーエンドになるように構成されてはいるようですが、神経質なやり取りが多くて個人的にキツい感じです。
posted by えみりおん at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆるゆり♪♪ 第4話「ひっちゅ」

 今回はネタもテンポもいまいちかな。

 もともと生徒会長の声が聞こえないネタは、ボケとツッコミを一コマ内にて一瞬で読めるコミックだから可能なネタ。
 普通にアニメ化したら、こういうテンポの悪いだけ映像になってしまうわけで。
 でも原作から大きく変更する訳にもいかないでしょうから、この辺はしょうがないんでしょうね。

 次回に期待とまいりましょう。
タグ:ゆるゆり
posted by えみりおん at 02:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

銀河へキックオフ!! 第15話「スリーUの決意」

 いずれ去りゆくスリー∪。
 しかし個性的なメインメンバーが揃うまでの腰掛けではなく、彼らたちにもしっかりと見せ場とドラマを用意してくれるキャラクターへの愛が嬉しい。

 特に彼らは凡人であり、それは即ち視聴者の代表という事です。
 そんな彼らを祝福するかのようなお話は、視聴者にとっても救いになると思います。

 アニメオタクにも、一般の人達にも、老若男女、誰にでもお薦め出来るアニメです
posted by えみりおん at 18:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月21日

じょしらく 第3話「無情風呂/浅草参り/真田小ZOO」

「ドクロちゃん」みたいなエグいギャグも出来れば、「大振り」みたいな真っ当な青春ドラマも完璧にこなす水島努監督。
 文芸部分で監督を支えるは、次から次へとアイデアが駄々漏れ状態の久米田康治さんに、ベテランの横手美智子さん。

 やはり良いスタッフに囲まれると良い作品が出来るものです。
 当たり前と言われるかもしれませんが、監督の前作がアレだったもので…。

 テトラちゃん以外の名前がなかなか覚えられないのですが、まずキャラをしっかりと立たせているので、名前なんか後回しで結構。
 キャラ立ちというのはキャラ設定表を読み上げる事では無いのです。

 とてもバランスの良い萌えコメディ。
 こういうのは大好きです。

じょしらく 1(期間限定版) [Blu-ray]じょしらく 1(期間限定版) [Blu-ray]

ニッポン笑顔百景 人類は衰退しました 妖精さんたちの、さぶかる [Blu-ray] じょしらく 3(期間限定版) [Blu-ray] じょしらく 2(期間限定版) [Blu-ray] じょしらく 4(期間限定版) [Blu-ray]

by G-Tools

タグ:じょしらく
posted by えみりおん at 03:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

この中に1人、妹がいる! 第3話「妹たちの誘惑」

 最終話まで妹は誰だアニメになるのだとしたら、推理モノが極端に苦手な私としては辛いものになりそう。
 それとも今回の水着の伏線でもあった会社を継ぐ話が後半メインになってくるのでしょうか。

 正直まだこの作品の落とし所が解らないので、様子見が続きそうです。

日活100周年邦画クラシックス GREATシリーズ 妹 HDリマスター版 [DVD]日活100周年邦画クラシックス GREATシリーズ 妹 HDリマスター版 [DVD]

Happinet(SB)(D) 2012-09-04
売り上げランキング : 3438

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タグ:妹がいる!
posted by えみりおん at 02:59 | Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦国コレクション 第16話「Blade Adept」

 ギャグやコメディと言えば水っぽいネタをただ量だけ撃ち出してくる様な作品が多い中、女子会ロシアンルーレットというネタ一つだけで勝負してくるこの作品は、好感度高いですね。

 ネタは一つといえど、そこに上下関係の妬みなど、上品な駆け引きの裏のどす黒さもある反面、その裏返しの愛でお話をとじる美しさ。
 モブ長ちゃんと揶揄される様になってしまった彼女ですが、最近では積極的に出てきて良い感じに場を引っ掻き回してくれる様になって来ました。

 2クールという長さは、軌道修正に必要なものなんだなと感じた次第です。

 ついシナリオばかりを褒めてしまいますが、辛いものを食べた時にアフリカ辺りの謎のお面をモンタージュさせたり、小道具や構図のお遊びいっぱいの演出も楽しく。
 大きく乱れないわりと安定した作画、そしてキュートなキャラクターデザインも大好きです。

 大傑作という形では持ち上げられる事はないでしょうが、このような堅実な作品は日の目を見てもらいたいですね。

マリーシャープス ハバネロソース FIERYHOT 148mlマリーシャープス ハバネロソース FIERYHOT 148ml

マリーシャープス ハバネロソース HOT 148ml マリーシャープス ハバネロソース BEWARE 148ml マリーシャープス ハバネロソース GREEN 148ml ブレアーズ アフターデスソース・ジョロキア 150ml SO スライスハラペーニョペッパー 540g

by G-Tools

posted by えみりおん at 02:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

織田信奈の野望 第2話「織田家、お家騒動」

 信奈ちゃんのブラがなかなか可愛らしくて好きです。

 価値観が殆ど現代のままで進んでいるのと、特にこの主人公でなくても歴史を知っていれば誰でも良かった感が辛いところでしょうか。

 あと画面酔いするので、あんまりフレーム揺らさないで欲しいかな。
posted by えみりおん at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人類は衰退しました 第3話「妖精さんたちの、さぶかる」

 オタクの内輪ネタというのは「お前らもそうだよな」という迫り来る同調圧力が結構あってそれが苦手でもあったのですが、全体的にゆる〜いテンションで一歩引いた所から語る作風は意外と好感が持てます。

 ぶっちゃけキョンが女の子になった様な感じではありますが、キョンは内心色々とストレスを溜めている感じなのに対し、こちらは右から左へと受け流す自然体。
 見ている方も肩の力が抜ける感じで楽しいものです。

 次回は百合コミックの世界に入り込んでしまう展開を期待しますが、そんな事は諦めております。

posted by えみりおん at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

境界線上のホライゾンII 第2話「舞台上の宣告者」

 ライトノベルの読者層はミドルティーンくらいかと思うのですが、私の経験的にその頃は大人に対する不信感や嫌悪感が最高潮に来ている辺りではないかと。
 だから大人を排除したり言い負かしたり、時には殴り飛ばしたりなどしたくなるもの。

 でも「じょしらく」じゃありませんが、そういう作品は品がないし、何も解決しないと思うの。
 理想的な立派な大人を創作し、自分がそういう大人になる。もしくは読者がそういう大人に憧れる。

 ラストシーンでのおじさん。
 とても素敵でした。

境界線上のホライゾン 抱き枕カバー 葵・喜美 テレカなし境界線上のホライゾン 抱き枕カバー 葵・喜美 テレカなし

境界線上のホライゾン 抱き枕カバー 葵・喜美 テレカ付き 境界線上のホライゾン 抱き枕カバー 浅間・智 境界線上のホライゾン PORTABLE (初回限定版:ねんどろいど 境界線上のホライゾン ネイト・ミトツダイラ スムース抱き枕カバー 境界線上のホライゾン 浅間・智 (1/7スケール PVC製塗装済み完成品)

by G-Tools

タグ:ホライゾン
posted by えみりおん at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貧乏神が! 第3話「お前に命令されるのはなんか腹立つ!!!/なんかって何!!?」

わーい(嬉しい顔)

 天使の様な綺麗事だけではすまさず、かと言って世の中全てを憎む様な厨二病的な展開でもなく。
 良いですね、こういう中道の浪花節展開は大好きです。

 この娘がどんな無法千万な物言いをしても、1話での諏訪野のエピソードがあるからこそ安心して見ることが出来ます。
 第1話目で見せるところというのは、こういう部分です。

「これは主人公の成長ドラマです。最初のうちは悪い奴だと思えるかも知れませんが…」みたいな感じで、序盤で主人公のダメな所しか見せない作品って結構あるんですが、そういうのはちょっと違うんじゃないかなと思う次第で。

 市子は人々との殴り合い触れ合いによって、その心が成長していきます。
 しかし彼女は自分の性格に対して圧倒的な自信があり、その回で得られた心の成長を最後にぶん投げてしまう様な豪快さを持っており、そこが大きな魅力。

 悩まない。
 悩んでも3歩あるけば忘れる。

 だからこそ、のび太の様に同じ失敗を何度も繰り返し、言い方を変えればネタさえ潤沢にあれば何話でも面白い話を作れる訳で。

 2話は微妙だったのですが、各話でムラがあるのかな?
 長い目で様子を見ていきたいと思います。

貧乏神が! 13 (ジャンプコミックス)貧乏神が! 13 (ジャンプコミックス)
助野 嘉昭

貧乏神が! 11 (ジャンプコミックス) 貧乏神が!  泰庵高校大怪獣決戦! ! (JUMP j BOOKS) 貧乏神が! 10 (ジャンプコミックス) 貧乏神が! 9 (ジャンプコミックス) めだかボックス 16 (ジャンプコミックス)

by G-Tools

posted by えみりおん at 02:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だから僕は、Hができない。 第2話「エロは環境にやさしい」

 1話で気合を入れすぎたのか、いきなりパワーダウン。

 冒頭で家が魔法みたいなもので何事も無かったかのように元に戻ってしまうシーンを見て、こういう作品なんだなと。
 この失っても元通りという描写の後ですと、戦っても緊張感が得られないのが残念。

 下乳の女の子などのコスは可愛いですし、とりあえずエロ目当てでもう少し見てみます。
タグ:僕H
posted by えみりおん at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うぽって!! 第3話「あらって こすって」

 これ、我々の様にジャパニメーションやカルトコミックスにどっぷり浸かっている人間だから、わりと抵抗少なく見ることが出来るのですが、深夜アニメなど見たことがない一般人に「女の子が銃のアニメなんです」とか紹介しても、絶対に理解出来ないだろうなあ。

 例えば百合アニメとしてはかなり緩い「ゆるゆり」を見せたとしても「えっ、女の子同士が何で当たり前みたいに恋愛してんの?」とか絶対に言われる。

 そうだ、我々は一般人には理解できない作品を愛することができる、アニメエリートなのだ。
 …という事にしておこう。

おかしいよ、このアニメw


TVアニメーション「うぽって!!」オープニング・テーマ:I.N.G《DVD付初回限定盤》TVアニメーション「うぽって!!」オープニング・テーマ:I.N.G《DVD付初回限定盤》
sweet ARMS(野水伊織、富樫美鈴、佐土原かおり、味里)

日本コロムビア 2012-07-04
売り上げランキング : 15494

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by えみりおん at 01:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

輪廻のラグランジェ season2 第2話「鴨川ボーソービーチ」

わーい(嬉しい顔)

 ランもムギナミもある程度大人であり、まどか以外にも護るべきものや背負うものが出来てしまいました。
 二人とも組織の中で動いている以上勝手な行動は取れず、心とは正反対のミッションでもこなさなければならず、辛いところです。

 しかしまどかは、この歳でこの精神年齢でいいのかというくらい子供。まっすぐです。
 二人にしてみれば現実が見えていないお馬鹿さんではあるのですが、逆に心の奥底で二人が本当に望んでいる事を、屈託もなく口に出してくれる存在。

馬鹿な子には勝てないというお話です。

 事あるごとに裏で手を回してくれるロリ司令官や、苦労性のキャップ、定食屋のおばちゃんみたいな大人たちは、「みんなケンカするな、仲良くしようよ」という子供の戯言に対し、うんざりはしますが本気で跳ね除けたりはしません。
 子供の夢というのは、「本当はそうしたいのに出来ない、悔しい」という大人の願いでもあるからでしょう

 お前、こんなにお馬鹿さんだったのかと再認識させられたまどかちゃん。
 と同時に、この無鉄砲な子を面倒みてあげなきゃなぁ、という気にもさせられます。

 良い主人公ですよ。
 さあ、今期も楽しみにさせて頂きます。

海洋堂 ZERO 輪廻の ラグランジェ アウラ編 全3種 フィギュア全3種 1 京乃まどか 2 ウォクス・アウラ ピア海洋堂 ZERO 輪廻の ラグランジェ アウラ編 全3種 フィギュア全3種 1 京乃まどか 2 ウォクス・アウラ ピア

KAIYODO 海洋堂
売り上げランキング : 27539

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by えみりおん at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スマイルプリキュア! 第23話「ピエーロ復活!プリキュア絶体絶命!!」

 節目という事でバトル作画が最高。
 特に後半バトルで三馬鹿三幹部の皆さんが本気になってからのバトルは、悲壮感漂う凄まじさ。

 アカンベーにトドメのハッピーシャワーを浴びせる直前、ハッピーがパンチをかますのですが、パンチの直後で体勢を大きく崩す辺りのリアルさが素晴らしく。
 これは「とある科学の超電磁砲」第1話にて、強盗相手に黒子がフェイントテレポートして後頭部に両足で蹴りを入れた後、体勢を崩して倒れかけるあの名場面を彷彿させてくれました。

 個人的にはプリキュアの伝統になってしまっているOPバンクを本編に差し込む手法は、強引で興が冷めてしまう感じがして好きでは無いのですが、まあその辺はいいか。

 プリキュアの魅力はやはり肉弾戦。
 巨大過ぎるアカンベーにポカポカ殴りかかるより、等身大の敵としっかりと殺陣を組んでくれますとアクションの魅力も倍増です。

 良い感じに楽しめました。

Let’s go!スマイルプリキュア!(DVD付)Let’s go!スマイルプリキュア!(DVD付)
池田彩 吉田仁美 池田彩 吉田仁美

スマイルプリキュア! レッスンDVDつき ダンスえほん1 (講談社 Mook(おともだちMOOK)) スマイルプリキュア! オリジナル・サウンドトラック1 Alright!ハートキャッチプリキュア!(DVD付) ラ♪ラ♪ラ♪スイートプリキュア♪~∞UNLIMITED ver.∞~(DVD付) ラ♪ラ♪ラ♪スイートプリキュア♪/ワンダフル↑パワフル↑ミュージック!(DVD付)

by G-Tools

posted by えみりおん at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

ゆるゆり♪♪ 第3話「チョコと涙と女と女と磯辺揚げ」

 二人の関係は、他のカップルと違って良い意味でとても不安定。

 向日葵から櫻子への想いは恋愛対象というよりは母性愛に近いものでもあり、隣で櫻子の世話を焼いているのが当たり前になってしまった、熟年の妻にもみえます。
 対する櫻子から向日葵へのそれは、自分の恋愛の気持ちにすら気づいていないお子様状態。

 迷惑かけて、かけられて。
 この微笑ましい二人を見ていると、なんか「私が面倒見てあげないとこの人はダメになる」というヤクザとその情婦との関係を彷彿させます。

 原作では別エピソードだった「当たれ」のチョコをラストでうまく繋げたり、百合アニメの主人公なのに全くのノンケな為、バレンタインで一人蚊帳の外のあかりに、おねーちゃんの重すぎる愛をオチにする辺りの粋な配慮も大好きです。

 もちろん早くも作画が崩れ始めてきたりとか、櫻子の癇癪の原因に気づくまでにもうちょっとタメが欲しかったかなあ、とか色々あります。

 しかしそんなのはもういいや。惚れた弱みです。
 終始ニヤニヤしっぱなしの至福の30分間でした。

ゆるゆり (8)巻 (百合姫コミックス)ゆるゆり (8)巻 (百合姫コミックス)
なもり

コミック百合姫 2012年 09月号 ゆりゆり (百合姫コミックス) ゆるゆり♪♪ オープニングテーマ いぇす! ゆゆゆ☆ゆるゆり♪♪ (初回限定盤) (DVD&キャラカード付き) ゆるゆり (9)巻 (百合姫コミックス) ゆるゆり♪♪ エンディングテーマ 100%ちゅ~学生 (初回限定盤) (キャラカード付)

by G-Tools

タグ:ゆるゆり
posted by えみりおん at 02:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

ココロコネクト 第2話「なかなか面白い人間達」

 ドタバタパートと説明パートが完全に分離していたり等をはじめ、コメディとシリアスとの噛み合わせに苦労してそうな感じがしたりなど、どうも全体的にバランスが良くない感じが。

 Bパートでいきなり黒幕を登場させて会話で説明させるより、入れ替わりドタバタの中で何かに気づいて黒幕を突き止めた、という様な形の方が達成感が出る気もします。

 もし他人の家庭の事情や心の中にズカズカ入り込んでしまうイヤ〜な展開がメインだったりしたら、さすがに観るのは辛いかな。

 もう少しだけ様子見してみましょう。
posted by えみりおん at 01:08 | Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソードアート・オンライン 第2話「ビーター」

 バトルシーンの作画はお見事でした。

 メインメンバーらしき人達のヒロイズムが強すぎて、ちょっと格好良すぎ。
 むしろイチャモン付けてきた関西弁のあんちゃんや、扇動されやすい愚民どもの方が、私は感情移入しやすかったでしょうか。
タグ:sao 視聴断念
posted by えみりおん at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

えびてん -公立海老栖川高校天悶部- 第1話「一等星(仮)」

 まず1話目はエロで釣るというのは商業的には実に正しい。
 作画も随分と頑張っており、女の子の身体の曲線とか素晴らしかった。

 もし何かシカケがあるのでしたら、もう少しラストで見せても良かったのではとも思います。
タグ:1話切り
posted by えみりおん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

戦国コレクション 第15話「Annihilate Princess」

わーい(嬉しい顔)

「一人じゃなかった」発言から結局帰って来なかった村田さん。
 由美ちゃんのアレは正宗とは別に村田さんの言っていたもう一人の霊だったのか、はたまた単に寝ぼけていただけなのかなど。

 未消化なところはありますが、作品のテーマである義光ちゃんと正宗との別れが納得の行く形でしっかり描かれていたので瑣末なところは、特に気になりません。

 一方的な微妙な確執はあったものの、やはり義光ちゃんは正宗の事を信頼し、心配していました。
 そしてこの世界においての「犯罪者」である正宗は、既にこの世界に馴染んでいた義光ちゃんの将来を思えば、大人としてこの様な責任のとり方をせざるを得なかったのでしょう。

 新しいものを得るためには、古い何かを失わなければならない。
 切ない物語です。

 手向けの花火を打ち上げた義光ちゃんが一人になってしまったと部屋に戻ると、そこには新しい世界の友達がヘソ丸出しで寝ていました
 真央ちゃんは自分の寝相を気にしていましたが、それ以上に気にしていたのは、お友達が恐がっていないかという事だったのです

 失ったもの以上に、新しく得たものは素晴らしいものでした。
 今も楽しいし、昔も楽しかった。

 こういう作品を見ると、この娘たちの未来の為に日本を良くしたいなあとか、フィクションと現実を混同してしまうゲーム脳の私でありました。

戦国コレクション キャラクターソングコレクション Vol.02戦国コレクション キャラクターソングコレクション Vol.02
独眼竜姫・伊達政宗(恒松あゆみ) 純愛天使・直江兼続(中原麻衣)&聖乙女・上杉謙信(能登麻美子) 純愛天使・直江兼続(中原麻衣)&聖乙女・上杉謙信(能登麻美子)

戦国コレクション キャラクターソングコレクション Vol.01 戦国コレクション Vol.02 [Blu-ray] 戦国コレクション Vol.01 [Blu-ray] 戦国コレクション Vol.02 [DVD] 目をとじてギュッしよ

by G-Tools

posted by えみりおん at 18:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

じょしらく 第2話「楽屋の富/三塔起請/風邪娘」

 毎週やったら凄いなと思っていた落語シーンですが、さすがにオチだけになっておりました。

 しかしキャラはなかなか可愛いし。その配置も誰にどの役割をさせるかなどしっかりしており、安心して見られます。

 感想を書くタイプのアニメでも無いので、どこまで感想書きを続けるかは解りませんが、多分最終話まで楽しんで見ると思います。

さあ、やってみよう~催眠オナニー入門~(CD付)
さあ、やってみよう~催眠オナニー入門~(CD付)
サイニー研究会

関連商品
ひとりでできるもん ~オトコのコのためのアナニー入門~
エネマグラ教典―ドライ・オーガズム完全マニュアル
まどろみ世界
カンスト
催眠的な彼女6月号
by G-Tools

タグ:じょしらく
posted by えみりおん at 03:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

この中に1人、妹がいる! 第2話「妹と月夜のダンス」

 主人公が紳士なのが清々しい。

 紳士ぶってはいるものの結局はヤレヤレ系だったり、女性を甘やかす事が紳士的なのだと勘違いしている主人公は萌え作品では山といました。
 しかしこの主人公は女性に恥をかかせまいと気を使い、望んではいるけれど踏み出せないダンスなどをリードしてあげたりなど、これならモテても納得できるというもの。

 そして良いところを見せてキザになりそうになったら、直後にラッキースケベ。
 この様なバランスのとり方は実にうまい。

 ヤヴァそうなクスリとかのギャグや、妹からのメッセージの謎で繋ぐなど、エンターテイメント要素がバランス良く配合されています。

 落ち着いて見られる萌えアニメですね。

この中に1人、妹がいる! 7 (文庫J)この中に1人、妹がいる! 7 (文庫J)
田口一 CUTEG

僕は友達が少ない 8 (文庫J) 俺が彼女に迫られて、妹が怒ってる?2 (文庫J) 初体験にオススメな彼女4 (文庫J) お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 6 (MF文庫J) そんな遊びはいけません! 3 パンツがないと風紀が乱れる (文庫J)

by G-Tools

タグ:妹がいる!
posted by えみりおん at 12:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

貧乏神が! 第2話「これぞまさに『神と少女の戦いが今、始まる――』って感じネ」

 ヒロインのリアクション芸がなかなか楽しいアニメです。

 中の人も声帯も割けよと熱演しておりますし、このまま作画が崩れないと良いなー。
タグ:貧乏神が!
posted by えみりおん at 02:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
1話切り AKB0048 Angel beats! Another ARIA Aチャンネル BACCANO! BLOOD-C B★RS C C3 C3部 CANAAN Candy boy DARKER_THAN_BLACK GA GJ部 GOSICK HEROMAN Kanon NEEDLESS NO.6 Pandora Hearts PIPOPA RDG sao SF映画 STAR_DRIVER TARI TARI TIGER & BUNNY TVスペシャル UN-GO white album WORKING!! あさっての方向。 あだち充 あっちこっち あの夏 あの花 いつか天魔の黒ウサギ いぬぼく。 うさぎドロップ うぽって!! うみものがたり えびてん えん魔くん おおきく振りかぶって かなめも きんいろモザイク くじびきアンバランス けいおん!! けいおん! げんしけん こどものじかん これはゾンビですか? さくら荘のペットな彼女 ささみさん ささめきこと さらい屋 五葉 さんかれあ じょしらく そふてにっ そらのおとしもの それでも町は廻っている たまゆら ちはやふる つり球 とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 となりの怪物くん とらドラ! にゃんこい! のだめカンタービレ はがない はたらく魔王さま! はなまる幼稚園 ひだまりスケッチ ぽてまよ まおゆう ましろ色 まどか☆マギカ まほろまてぃっく まよチキ! まりあ†ほりっく みつどもえ みなみけ むろみさん めだかボックス ゆゆ式 ゆりるゆり ゆるゆり よみがえる空 れでぃ×ばと! わんおふ アイドルマスター アカギ アクエリオン アクセル・ワールド アザゼルさん アスタロッテのおもちゃ! アスリード アニメ映画 アマガミSS イカ娘 インフィニット・ストラトス エヴァンゲリオン オオカミさんと七人の仲間たち カイジ カサヰケンイチ カードキャプターさくら ガンダム ガールズ&パンツァー キミキス キャシャーン キルミンずぅ キルミーベイベー キングゲイナー ギルティクラウン クライムエッジ クラナド クロスゲーム クロワーゼ グレンラガン ココロコネクト コミック ゴシック サムライガールズ サンレッド シムーン シャングリ・ラ シュガシュガルーン シンフォギア ジュエルペット スケッチブック ストライクウィッチーズ ストロベリーシェイクSweet ストロベリー・パニック! セイクリッドセブン ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ダンガンロンパ ダーティーハリー デジモンクロスウォーズ デッドマン・ワンダーランド デュラララ!! ドラゴンクライシス! ドルアーガの塔 ドージンワーク ニコニコ動画 ニャル子さん ハヤテのごとく バカとテストと召喚獣 バスカッシュ! バンブーブレード パパ聞き パンスト ヒャッコ ビビパン ビューティフル・ドリーマー ピクサー フォトカノ フォーゼ フタコイ フラクタル ブラッド・バード プリキュア プリティーリズム ベン・トー ペットな彼女 ペルソナ ホライゾン ポルフィの長い旅 マイメロディ マジカノ マジンガーZ マリー&ガリー ミチコとハッチン ミルキィホームズ ムント モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ライドバック ラグランジェ ラストエグザイル ラブライブ! リストランテ・パラディーゾ リルぷりっ ルパン三世 レヴィアタン ロウきゅーぶ! ローゼンメイデン ワタナベシンイチ ワタモテ ヴァンパイアバンド 世紀末オカルト学院 中村健治 亀垣 一 二舎六房の七人 井出安軌 亡念のザムド 京都アニメーション 人類は衰退しました 仮面ライダーオーズ 仮面ライダー電王 会長はメイド様! 佐々木政勝 佐伯昭志 佐藤卓哉 佐藤竜雄 佐藤順一 侍戦隊シンケンジャー 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 倉田英之 傑作 僕H 僕等がいた 充電ちゃん 八谷賢一 出崎統 前川淳 化物語 化猫 名探偵コナン 君と僕 君と僕。 咲-Saki 咲-saki- 四畳半神話大系 坂井久太 坂道のアポロン 堀口悠紀子 変ゼミ 夏のあらし! 夏雪ランデブー 夢喰いメリー 大地丙太郎 大正野球娘。 大関雅幸 大隈孝晴 大魔神カノン 妹がいる! 学園黙示録 宇宙戦艦ヤマト 宮崎駿 宮繁之 富野由悠季 小林利充 小林治 小林靖子 小野学 屍姫 屍鬼 山内重保 岡田麿里 岸誠二 川口敬一郎 庵野秀明 怪談レストラン 恋姫†無双 恋愛ラボ 戦国BASARA 戦国コレクション 戦国乙女 放浪息子 斎藤久 新世界より 新房昭之 日常 星の海のアムリ 星空へ架かる橋 最終話 望月智充 未来日記 東のエデン 東京マグニチュード8.0 桜井弘明 桜蘭高校ホスト部 桜見かつし 森田さんは無口。 森田和明 横手美智子 水上清資 水島努 氷菓 池畠博史 河森正治 洋画 涼宮ハルヒの憂鬱 渡辺はじめ 渡辺敦子 渡辺明夫 瀬戸の花嫁 特別編 狼と香辛料 猫神やおよろず 琉神マブヤー 琴浦さん 生徒会役員共 田中宏紀 田中将賀 男子高校生の日常 百合 百合姫 真マジンガー 真・恋姫†無双 石立太一 神のみぞ知るセカイ 神山健治 神様はじめました 神様ドォルズ 神無月の巫女 福田道生 第1話 第1話 細田守 細田直人 絶対可憐チルドレン 絶望先生 織田信奈の野望 聖痕のクェイサー 自主制作 花咲くいろは 西村純二 西田亜沙子 視聴断念 谷川流 貧乏神が! 超くせになりそう 輪るピングドラム 迷い猫オーバーラン! 進撃の巨人 邦画 鉄のラインバレル 鉄腕バーディー 銀河へキックオフ!! 長井龍雪 陸上防衛隊まおちゃん 雑破業 電波女と青春男 電脳コイル 青い文学シリーズ 青い花 飯田里樹 馬越嘉彦 高屋敷英夫 高橋丈夫 高橋龍也 鬼太郎 魍魎の匣 魔乳秘剣帖 魔法使いTai! 黒執事 1話切り