2008年11月06日

Candy boy 生放送大ゴケ(笑)

 今回から生放送ではプレミアム優先となり、生放送中にプレミアムが入ってきたら一般が追い出される仕様となった模様。

 私はよく動画上げてる人間で、その都合からプレミアム入ってるんですが、今回のこの仕様…。

 プレミアムに入っている人からするとあんまりメリットが無い上に、一般会員の人達にデメリットを押し付ける仕様なんですよね

 これと似たのって、CDの規格とかで音楽業界がやって、大ゴケしませんでしたっけ?

 歴史から学ぶ、というのは難しいものなんでしょうね。

 で、生放送は多分サーバーダウン起こしたんでしょう、一般もプレミアムも、誰も観られなかった、というオチ

 まあ、とても好きな作品で、早く観たい気持ちは当然ありますが、そんな別に感想早書き競争してる訳じゃなし。

 とりあえず、落ち着きましょう。
 我々も、運営の皆さんも。



MEILIN『Candy☆Boy/My Sweet Darlin'』
posted by えみりおん at 22:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

School Days 騒動で感じた事

 AT-X でスクールデイズが終了した様です。
 正直、内容はどうでも良い。

 どうにもまずいんじゃないかと思うのは、「誠死ね」という言葉が、「こんにちは」とかと同じ感覚で広まっている事。

 勿論これはフィクション。
 私も北斗の拳とかで悪漢が爆散させられたり、時代劇で人が斬り殺されるシーンを見てスカッとします。

 元々人間には破壊願望がありますし、学校や仕事でイライラした時に、戦争映画で建物を破壊したり人が死んだりするシーンを見て、自分がしたかった事を映画に托してスッキリするものです。
 そんな人達に「戦争はいけない!」「人が死ぬシーンを見て喜んで恥ずかしくないのか!」とか言うのは無粋というもの。

 エロに関しても全く同じです。
 低俗な娯楽作品、上等。

 エログロナンセンス。サブカルチャーこそが人間の根源欲求を突き動かし、メインカルチャーの尻をチクチクと針で刺すようにして支えている訳ですから。

 ただ、今回あまりに「誠死ね」という言葉が安易に飛び交い、尚かつどうも一部の人は本気で言っているフシもあります。

 私が子供の頃、母親に「ババア死ね」とか言ってしまった時、側にいた祖母から「死ねなんて言葉は絶対に口に出してはいけない」、とこっぴどく叱られました。
 その母親からも、私が疲れてクタクタになって「もう死にそう〜」とか口にした時に、同じように「軽々しく死ぬなんて言葉を使ってはいけない」と言われました。

 その頭に思っても「死」という言葉を口にしてはならない、という躾けのお陰で、「死」というもの、そしてその言葉が、当時理解こそ出来ませんでしたが特別なものなんだ、という事だけは感じました。

「がんばりまーす」「わかりましたー」
「ありがとうございましたー」

 子供の頃学校で復誦させられた言葉です。
 何度も言わされている内に頭がマヒして、頑張る事も理解も、ありがとうという気持ちすら薄れて来たのを覚えています。

「死ね」

 この言葉は、最期の最期の時の為に取っておこうではありませんか。

posted by えみりおん at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

2005年 春の新番組 総論

 前期が余りに酷すぎて、AIR以外の新番組は全滅状態だったので、いよいよ本当に日本のテレビアニメは終わったか、と絶望しかけていたのですが、今期はその反動なのか、力を蓄えていたのか、全体的にレベルが底上げされており、結構期待出来る作品が多かったのが嬉しい誤算でした。

 まあ中にはこいこい7とかのヨモスエアニメはありますが、良質のこどもまんがふしぎ星の☆ふたご姫、これがハズれたら原作ファン大激怒だっただろう英國戀物語エマが良い仕事を、Airの後でやりにくいだろうけど結構頑張っているこれが私の御主人様、久しぶりに痛快な主人公が跳ね回りそうな予感の交響詩篇エウレカセブンなど、観ようと思っているアニメだけでもズラリ居並び、特撮も仮面ライダー響鬼が奮闘。

 そして特筆すべきは、真面目に「児童向け作品」を作ろうとしている意欲作甲虫王者ムシキング 森の民の伝説、スタッフの熱意で真っ赤に燃えているフタコイ オルタナティブ、センスが凄すぎて果たして付いていけるか解らない、ある意味視聴者が試されるだろうハチミツとクローバー

 豊作と言っても過言ではないかも知れません。

 ただ、その量と回転の速さだけはどうにもならず、今は期待出来ますがやがて体力切れを起こすだろうと予想されるものが半数はあり。
 これはスタッフではなく、アニメ制作の体質の問題。

 まず量を減らす。その為には、我々視聴者がする事は一つだけ。
 質の悪い作品のDVD、グッズを買わない。また逆に、本当に良い作品のDVDを買う。

 これだけで、毎週素敵なアニメを見られるパラダイスが訪れます。間違いなく。

 さあ、今期は消化するアニメが沢山。
 忙しくなりそうです。わくわく。
posted by えみりおん at 16:22 | Comment(2) | TrackBack(1) | アニメ雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月30日

2004年度アニメ総括

 …を書こうと思って2004年度アニメのリストを眺めてみたんですが、余りに多すぎて腰が砕けてしまった。
 名作と言われているものでも見ていない作品が山とあり、とても総論なんて書けないな、と断念。
 なので今回は、今期特に目立った深夜UHF局原作付き萌えアニメについて少しお話したいと思います。

 その構造的には、テレ東チェックにより離れた制作側が表現制限のほぼ無いUHF局にて、男性オタク向けに萌えや性表現を売りにした作品を怒濤のごとく出したというもの。
 趣味になら散財を惜しまないオタク向けが故、マーチャンダイジングよりもひたすらDVDの販売に焦点を合わせ、しかも1クール制作体制を基本として商品の回転を重視し、これによりDVD売り上げ業績を上げて行きました。
 本放送はDVDの宣伝という位置づけにした訳です。

 しかし当然弊害もあるわけで、というか視聴者や業界にとっては殆どが害でしかなかったのですが、まずその殆どが原作付き、しかも連載途中で原作ファンがまだ生きているマンガの青田刈り合戦となりました。
 当然の事ながら、終了していない話を1クールで終わらせる事になるので、尻切れトンボとなるのが殆どで、別解釈にして終了させた作品もありますが、どうしても苦し紛れが目立ちました。
 また、アニメが終わればその作品自体も終了したものと認識され、原作を取り巻くモチベーションまで落ちて行くという悪循環。こうやってどんどん様々な作品が「消費」されて行き、業界全体がやせ細って行きます。

 この状況を断ち切るには、我々視聴者がつまらないものをつまらないとしっかり認識し、シャレや酔狂でDVDやグッズを買わない、という事が必要です。
 よく見られるのは、酷い酷いと良いながら、でもダレダレちゃん萌えだからつい買っちゃった、えへへ、俺ってダメな奴、という構図。

 間違っても良質の作品を観られるチャンスを、自分の手で潰さない事です。

 萌えアニメというのは基本的に快楽原則に沿って作られます。誰それちゃんの変身シーンがエッチだった、だれ子ちゃんのこのシーンが可愛かった、シーンが、シーンが。

 木を見て森を見ず。シーンだけ見て作品を観ない。

 アニメというのは曲がりなりにも、映画と同じく総合芸術の筈です。芸術と言う言葉を使うと顔をしかめる人もいるかも知れませんが、人の心を動かし、感動させてくれるものは、全て芸術と言って良いと思います。
 マンガでも、歌謡曲でも、それこそ子供のお遊戯発表会でも。

 制作に携わっている方々はその誇りを持ち、我々視聴者は良い作品を願う。
 その気持ちを持ち続けるだけでも、例え深夜UHF局原作付き萌えアニメでも、良作は必ず増えると信じています。
posted by えみりおん at 12:05 | Comment(5) | TrackBack(0) | アニメ雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
1話切り AKB0048 Angel beats! Another ARIA Aチャンネル BACCANO! BLOOD-C B★RS C C3 C3部 CANAAN Candy boy DARKER_THAN_BLACK GA GJ部 GOSICK HEROMAN Kanon NEEDLESS NO.6 Pandora Hearts PIPOPA RDG sao SF映画 STAR_DRIVER TARI TARI TIGER & BUNNY TVスペシャル UN-GO white album WORKING!! あさっての方向。 あだち充 あっちこっち あの夏 あの花 いつか天魔の黒ウサギ いぬぼく。 うさぎドロップ うぽって!! うみものがたり えびてん えん魔くん おおきく振りかぶって かなめも きんいろモザイク くじびきアンバランス けいおん!! けいおん! げんしけん こどものじかん これはゾンビですか? さくら荘のペットな彼女 ささみさん ささめきこと さらい屋 五葉 さんかれあ じょしらく そふてにっ そらのおとしもの それでも町は廻っている たまゆら ちはやふる つり球 とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 となりの怪物くん とらドラ! にゃんこい! のだめカンタービレ はがない はたらく魔王さま! はなまる幼稚園 ひだまりスケッチ ぽてまよ まおゆう ましろ色 まどか☆マギカ まほろまてぃっく まよチキ! まりあ†ほりっく みつどもえ みなみけ むろみさん めだかボックス ゆゆ式 ゆりるゆり ゆるゆり よみがえる空 れでぃ×ばと! わんおふ アイドルマスター アカギ アクエリオン アクセル・ワールド アザゼルさん アスタロッテのおもちゃ! アスリード アニメ映画 アマガミSS イカ娘 インフィニット・ストラトス エヴァンゲリオン オオカミさんと七人の仲間たち カイジ カサヰケンイチ カードキャプターさくら ガンダム ガールズ&パンツァー キミキス キャシャーン キルミンずぅ キルミーベイベー キングゲイナー ギルティクラウン クライムエッジ クラナド クロスゲーム クロワーゼ グレンラガン ココロコネクト コミック ゴシック サムライガールズ サンレッド シムーン シャングリ・ラ シュガシュガルーン シンフォギア ジュエルペット スケッチブック ストライクウィッチーズ ストロベリーシェイクSweet ストロベリー・パニック! セイクリッドセブン ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ダンガンロンパ ダーティーハリー デジモンクロスウォーズ デッドマン・ワンダーランド デュラララ!! ドラゴンクライシス! ドルアーガの塔 ドージンワーク ニコニコ動画 ニャル子さん ハヤテのごとく バカとテストと召喚獣 バスカッシュ! バンブーブレード パパ聞き パンスト ヒャッコ ビビパン ビューティフル・ドリーマー ピクサー フォトカノ フォーゼ フタコイ フラクタル ブラッド・バード プリキュア プリティーリズム ベン・トー ペットな彼女 ペルソナ ホライゾン ポルフィの長い旅 マイメロディ マジカノ マジンガーZ マリー&ガリー ミチコとハッチン ミルキィホームズ ムント モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ライドバック ラグランジェ ラストエグザイル ラブライブ! リストランテ・パラディーゾ リルぷりっ ルパン三世 レヴィアタン ロウきゅーぶ! ローゼンメイデン ワタナベシンイチ ワタモテ ヴァンパイアバンド 世紀末オカルト学院 中村健治 亀垣 一 二舎六房の七人 井出安軌 亡念のザムド 京都アニメーション 人類は衰退しました 仮面ライダーオーズ 仮面ライダー電王 会長はメイド様! 佐々木政勝 佐伯昭志 佐藤卓哉 佐藤竜雄 佐藤順一 侍戦隊シンケンジャー 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 倉田英之 傑作 僕H 僕等がいた 充電ちゃん 八谷賢一 出崎統 前川淳 化物語 化猫 名探偵コナン 君と僕 君と僕。 咲-Saki 咲-saki- 四畳半神話大系 坂井久太 坂道のアポロン 堀口悠紀子 変ゼミ 夏のあらし! 夏雪ランデブー 夢喰いメリー 大地丙太郎 大正野球娘。 大関雅幸 大隈孝晴 大魔神カノン 妹がいる! 学園黙示録 宇宙戦艦ヤマト 宮崎駿 宮繁之 富野由悠季 小林利充 小林治 小林靖子 小野学 屍姫 屍鬼 山内重保 岡田麿里 岸誠二 川口敬一郎 庵野秀明 怪談レストラン 恋姫†無双 恋愛ラボ 戦国BASARA 戦国コレクション 戦国乙女 放浪息子 斎藤久 新世界より 新房昭之 日常 星の海のアムリ 星空へ架かる橋 最終話 望月智充 未来日記 東のエデン 東京マグニチュード8.0 桜井弘明 桜蘭高校ホスト部 桜見かつし 森田さんは無口。 森田和明 横手美智子 水上清資 水島努 氷菓 池畠博史 河森正治 洋画 涼宮ハルヒの憂鬱 渡辺はじめ 渡辺敦子 渡辺明夫 瀬戸の花嫁 特別編 狼と香辛料 猫神やおよろず 琉神マブヤー 琴浦さん 生徒会役員共 田中宏紀 田中将賀 男子高校生の日常 百合 百合姫 真マジンガー 真・恋姫†無双 石立太一 神のみぞ知るセカイ 神山健治 神様はじめました 神様ドォルズ 神無月の巫女 福田道生 第1話 第1話 細田守 細田直人 絶対可憐チルドレン 絶望先生 織田信奈の野望 聖痕のクェイサー 自主制作 花咲くいろは 西村純二 西田亜沙子 視聴断念 谷川流 貧乏神が! 超くせになりそう 輪るピングドラム 迷い猫オーバーラン! 進撃の巨人 邦画 鉄のラインバレル 鉄腕バーディー 銀河へキックオフ!! 長井龍雪 陸上防衛隊まおちゃん 雑破業 電波女と青春男 電脳コイル 青い文学シリーズ 青い花 飯田里樹 馬越嘉彦 高屋敷英夫 高橋丈夫 高橋龍也 鬼太郎 魍魎の匣 魔乳秘剣帖 魔法使いTai! 黒執事 1話切り
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。