2007年09月23日

ぽてまよ 第12話「花」

 ここまで母親とぽてまよ達とを擦り寄らせておいて、「あら勘違いで生きてしまた、良かったね」はどうでしょう。

 今まで神憑った見せ方をしてきてくれたからこそ、尚のこと素人っぽい凡ミスとも言えるこのオチは首を捻らざるをえません。

 「新しい命」が最終話のテーマなら、素直の誕生なりに焦点を絞るべきでしょうし、とりあえず感動させたくて殺してみたかったけど、でもやっぱ最後はハッピーエンドにしたいなぁ、と生き返らせてみました、という感じに見えてしまい、どうにもしまらない終わらせ方。

 そうなるとぐちゅ子のいないBパートアイキャッチは、メタファーでも何でも無くただの引っかけ。
 これはちょっとお粗末と言いますか、卑怯と言いますか。

 世紀の名作と謳われた「とんがり帽子のメモル」が、最終話で一気に駄作呼ばわりされた、あの悪夢が蘇ります。

 とは言え、おいおい、というのは最終話Bパートのみで、その他は全話通して抜群に面白く。
 不思議なのは、何でこのアニメ、話題にならなかったんだろう、という事。

 作画は殆ど乱れず、萌えという意味でも一流ですし、ギャグも面白い、ハートフルな展開もあり、深読みも出来る。
 硬軟どちらも飛びつきそうなアニメなのですが、感想ブログとか見ても極端にレビュアーが少ない

 これは何ででしょうかねえ。
 それも含めて面白いくらい不思議なアニメでした。



posted by えみりおん at 07:32 | Comment(4) | TrackBack(10) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ、やっぱり辛口w
今期の他作品と較べると文句なしの合格点なのですが、なにか違う、軸がぶれている。原作が続いているものは、最終話の〆かたが難しいようです。
ねね様の背負桶の中身が「石」というのには心底笑いました。人情ものは前面に出さずに底流に留めておき、こういう奇天烈なギャグ主体で〆てくれれば大満足だったのですが。

> 極端にレビュアーが少ない。
これが角川系列で全国ネットならメディア展開でもっと盛り上がったのでしょうが、フタバ社とU局有志連合では精一杯のところかと。ニコ動では絶賛されていますし、一回でも視聴すれば支持される作品だと思います。
Posted by ショートカット萌えなんだ at 2007年09月23日 15:33
ショートカット萌えなんだ さん、こんにちは。

>あ、やっぱり辛口w

 いやまあ、いつも褒めすぎてますからねぇ(笑)。

>ういう奇天烈なギャグ主体で〆てくれれば大満足だったのですが。

 やはりこれだけの実力を持っているスタッフですと、どうしても「解って…!」というのが出ちゃうんでしょうね。
 それが全面に出ると「まなび」みたいな感じに。
 ぽてまよに関しては、かなり良いバランスだったと思いますデス。

 宣伝や知名度ですか。
 その辺ですとなかなか辛いですよね。
 まあ、ニコニコで絶賛されているのなら、口コミも期待出来そうですね。
Posted by えみりおん at 2007年09月23日 19:56
> どうしても「解って…!」というのが出ちゃう
そうではなく、原作を尊重して抑えた結果であると感じました。原作クラッシュを恐れずに、ぽてまよやぐちゅ子の運命を自由に扱ったならば、このスタッフの実力からして、人情ものとして凄い最終話を作り上げたに違いありません。
Aパートの窓枠の中央に火葬場の煙突を配した構図など、鳥肌ものでした。
Posted by ショートカット萌えなんだ at 2007年09月23日 21:57
>そうではなく、原作を尊重して抑えた結果であると感じました。

 ああなるほど、そうでしたか。
 これは失礼しました。

 いえね、コメントだから書いちゃいますが、ぽてまよの感想を探して掲示板とか彷徨ってると、ホラ、あるんですよ、原作のネタバレオチを貼ってくる連中が(笑)。
 それ見ちゃって、この展開は実は解ってはいたんですが、アニメスタッフは変えてくれるだろう、と期待してたんです。
 しかし、さすがに無理だったみたいですね。


>火葬場の煙突

 あれは本当にゾクッと来ましたね。
 素直は大好きだった母親が、遺骸となり、そして骨と灰だけになる過程を見た、という逃げない演出。
 あのカットがあったから、母が亡くなった悲しみよりも、父への憎しみが上回ってしまった、という悲しい描写に説得力が出ます。

 2期があるのでしたらアニメスタッフを信じて完全オリジナル展開も良さそうですね。
Posted by えみりおん at 2007年09月24日 07:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ぽてまよ #12(最終話)「花」
Excerpt: 鎌とか出血とかありますが、こんな素晴らしいアニメだってあります。 花が咲いて、散って、そして・・・実は毎週本当に楽しみだった作品、ついに最終回です。 ではぽてまよ最終回...
Weblog: ラピスラズリに願いを
Tracked: 2007-09-23 09:42

ぽてまよ・第12話
Excerpt: 「花」 父のことを巡り、みかんに怒られた素直。ぽてまよの頭のつぼみは大きくなって
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2007-09-23 09:49

ぽてまよ 第12回ぽて24「花」(最終回)
Excerpt: ぽてまよ公式ホームページ 最終回に新キャラが3名登場…ここまで独特な展開を通しきってくれて微妙にありがとう。 ぽてまよの頭に生えたつぼみを見ながら眠る素直と皇大。素直が思い出して夢に見たのは、..
Weblog: パプリカさん家のアニメ亭
Tracked: 2007-09-23 10:22

ぽてまよ 第12回「花」
Excerpt: ぽてまよを挟んで素直と皇大が一緒に寝ていますね。 以前では考えられないことなのだろうけど ここまでの関係になれたのもぽてまよが運んできた幸せなのおかげかな? 素直と皇大が険悪な関係、と言..
Weblog: よう来なさった!
Tracked: 2007-09-23 12:57

ぽてまよ 第12話(最終回)
Excerpt: ぽて24 花 最近の傾向としてアバンがない作品でも最終回はOPなしでいきなり本編に入ることが多いので、この作品もそうかなと思っていましたが違いましたね。しかし、それにしてもいろんな意味でやられた..
Weblog: Anellia Neo
Tracked: 2007-09-23 15:37

07月新規他アニメ感想 総合 12週目02 スカイガールズ ぽてまよ バッカーノ
Excerpt:  今週で最終回のものもありますが、基本継続!  スカイガールズ  ぽてまよ  バッカーノ  ほ感想です!  とりあえずスカイガールズの感想のみ書きました!他はまた後で
Weblog: 荒野の出来事
Tracked: 2007-09-23 17:19

ぽてまよ 最終回
Excerpt: ぽてまよタイプ→ぐちゅ子タイプ→ぽてまよタイプ→ぐちゅ子タイプ→・・・ と言う訳で、ぽてまよです。最終話です。 咲いて、そして散って、どうなるんだろう。 ..
Weblog: ナナメから見てみる
Tracked: 2007-09-24 20:27

ぽてまよ #12「花」
Excerpt: 全世界が泣いた。笑った。 ぽてまよ、堂々の最終回です。ほにほに。
Weblog: METEO−01
Tracked: 2007-09-26 13:11

レビュー・評価:ぽてまよ/第12回 ぽて24「花」
Excerpt: 品質評価 59 / 萌え評価 41 / 燃え評価 1 / ギャグ評価 11 / シリアス評価 22 / お色気評価 7 / 総合評価 24<br>レビュー数 77 件 <br> <br> 第12回 ぽて24「花」のレビューで..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-09-26 17:49

ぽてまよ ぽて24「花」
Excerpt: 花が咲けば、いつかは散ります。 そして散った花は……。
Weblog: TV雑記
Tracked: 2007-10-08 22:58
タグクラウド
1話切り AKB0048 Angel beats! Another ARIA Aチャンネル BACCANO! BLOOD-C B★RS C C3 C3部 CANAAN Candy boy DARKER_THAN_BLACK GA GJ部 GOSICK HEROMAN Kanon NEEDLESS NO.6 Pandora Hearts PIPOPA RDG sao SF映画 STAR_DRIVER TARI TARI TIGER & BUNNY TVスペシャル UN-GO white album WORKING!! あさっての方向。 あだち充 あっちこっち あの夏 あの花 いつか天魔の黒ウサギ いぬぼく。 うさぎドロップ うぽって!! うみものがたり えびてん えん魔くん おおきく振りかぶって かなめも きんいろモザイク くじびきアンバランス けいおん!! けいおん! げんしけん こどものじかん これはゾンビですか? さくら荘のペットな彼女 ささみさん ささめきこと さらい屋 五葉 さんかれあ じょしらく そふてにっ そらのおとしもの それでも町は廻っている たまゆら ちはやふる つり球 とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 となりの怪物くん とらドラ! にゃんこい! のだめカンタービレ はがない はたらく魔王さま! はなまる幼稚園 ひだまりスケッチ ぽてまよ まおゆう ましろ色 まどか☆マギカ まほろまてぃっく まよチキ! まりあ†ほりっく みつどもえ みなみけ むろみさん めだかボックス ゆゆ式 ゆりるゆり ゆるゆり よみがえる空 れでぃ×ばと! わんおふ アイドルマスター アカギ アクエリオン アクセル・ワールド アザゼルさん アスタロッテのおもちゃ! アスリード アニメ映画 アマガミSS イカ娘 インフィニット・ストラトス エヴァンゲリオン オオカミさんと七人の仲間たち カイジ カサヰケンイチ カードキャプターさくら ガンダム ガールズ&パンツァー キミキス キャシャーン キルミンずぅ キルミーベイベー キングゲイナー ギルティクラウン クライムエッジ クラナド クロスゲーム クロワーゼ グレンラガン ココロコネクト コミック ゴシック サムライガールズ サンレッド シムーン シャングリ・ラ シュガシュガルーン シンフォギア ジュエルペット スケッチブック ストライクウィッチーズ ストロベリーシェイクSweet ストロベリー・パニック! セイクリッドセブン ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ダンガンロンパ ダーティーハリー デジモンクロスウォーズ デッドマン・ワンダーランド デュラララ!! ドラゴンクライシス! ドルアーガの塔 ドージンワーク ニコニコ動画 ニャル子さん ハヤテのごとく バカとテストと召喚獣 バスカッシュ! バンブーブレード パパ聞き パンスト ヒャッコ ビビパン ビューティフル・ドリーマー ピクサー フォトカノ フォーゼ フタコイ フラクタル ブラッド・バード プリキュア プリティーリズム ベン・トー ペットな彼女 ペルソナ ホライゾン ポルフィの長い旅 マイメロディ マジカノ マジンガーZ マリー&ガリー ミチコとハッチン ミルキィホームズ ムント モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ライドバック ラグランジェ ラストエグザイル ラブライブ! リストランテ・パラディーゾ リルぷりっ ルパン三世 レヴィアタン ロウきゅーぶ! ローゼンメイデン ワタナベシンイチ ワタモテ ヴァンパイアバンド 世紀末オカルト学院 中村健治 亀垣 一 二舎六房の七人 井出安軌 亡念のザムド 京都アニメーション 人類は衰退しました 仮面ライダーオーズ 仮面ライダー電王 会長はメイド様! 佐々木政勝 佐伯昭志 佐藤卓哉 佐藤竜雄 佐藤順一 侍戦隊シンケンジャー 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 倉田英之 傑作 僕H 僕等がいた 充電ちゃん 八谷賢一 出崎統 前川淳 化物語 化猫 名探偵コナン 君と僕 君と僕。 咲-Saki 咲-saki- 四畳半神話大系 坂井久太 坂道のアポロン 堀口悠紀子 変ゼミ 夏のあらし! 夏雪ランデブー 夢喰いメリー 大地丙太郎 大正野球娘。 大関雅幸 大隈孝晴 大魔神カノン 妹がいる! 学園黙示録 宇宙戦艦ヤマト 宮崎駿 宮繁之 富野由悠季 小林利充 小林治 小林靖子 小野学 屍姫 屍鬼 山内重保 岡田麿里 岸誠二 川口敬一郎 庵野秀明 怪談レストラン 恋姫†無双 恋愛ラボ 戦国BASARA 戦国コレクション 戦国乙女 放浪息子 斎藤久 新世界より 新房昭之 日常 星の海のアムリ 星空へ架かる橋 最終話 望月智充 未来日記 東のエデン 東京マグニチュード8.0 桜井弘明 桜蘭高校ホスト部 桜見かつし 森田さんは無口。 森田和明 横手美智子 水上清資 水島努 氷菓 池畠博史 河森正治 洋画 涼宮ハルヒの憂鬱 渡辺はじめ 渡辺敦子 渡辺明夫 瀬戸の花嫁 特別編 狼と香辛料 猫神やおよろず 琉神マブヤー 琴浦さん 生徒会役員共 田中宏紀 田中将賀 男子高校生の日常 百合 百合姫 真マジンガー 真・恋姫†無双 石立太一 神のみぞ知るセカイ 神山健治 神様はじめました 神様ドォルズ 神無月の巫女 福田道生 第1話 第1話 細田守 細田直人 絶対可憐チルドレン 絶望先生 織田信奈の野望 聖痕のクェイサー 自主制作 花咲くいろは 西村純二 西田亜沙子 視聴断念 谷川流 貧乏神が! 超くせになりそう 輪るピングドラム 迷い猫オーバーラン! 進撃の巨人 邦画 鉄のラインバレル 鉄腕バーディー 銀河へキックオフ!! 長井龍雪 陸上防衛隊まおちゃん 雑破業 電波女と青春男 電脳コイル 青い文学シリーズ 青い花 飯田里樹 馬越嘉彦 高屋敷英夫 高橋丈夫 高橋龍也 鬼太郎 魍魎の匣 魔乳秘剣帖 魔法使いTai! 黒執事 1話切り
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。