2007年08月18日

ぽてまよ 第7話「夏の終わりに/祭りの夜に」

 今回はいつもの様なキレや、深みは押さえてありましたが、構成は実に良い感じ。

 特にAパート。

 お盆で田舎に帰ったみかんちゃんは、おばあちゃんに、素直を好きになった時の事を話します。

 ポカをしてマラソンでビリっけつを取ってしまったみかんは、先生や友達に慰められます
 まだこの時点では、京ちゃんもみかんの事を「夏さん」と呼んでおり、今でこそ「脇毛は手遅れだろう」とか毒づける仲になったねねちゃんでさえ、この時は「着替えて来いよ」という、微妙によそよそしいフォロー。

 自分が悪いという事は解っている筈なのに、みんなは慰めてくれたりフォローしてくれる。それは嬉しいんだけど、だからこそみかんにとって、今この学校という場所はとてつもなく居心地が悪い場所となってしまいました。

 しかし、教室に入ると素直が「お帰り」と一言。

 多分サボッていたのでしょう素直はマラソンの顛末を知らず、何の深い意味も無く普通に「お帰り」とみかんに呟いたのです。

 その言葉に、「ああ、あたしはここに戻って来ても良かったんだ」と救われたのです。
 そしてみかんは笑顔で応えます。

 「ただいま」

 そして、Aパートのラストシーンにて、みかんが田舎から帰ってきた時に素直は再び「お帰り」と言います。

 みかんは「きっと森山君は覚えてないだろうけど」と言っていましたが、もしかしたら素直は覚えていたのかも知れません。
 みかんも再び笑顔で「ただいま」と応えるのでした。

 何とも美しい構成。
 更に言えば、亡くなった人が帰ってくるお盆という年中行事も平行して、天国のお母さんに「おかえり」「ただいま」という三重構造にもなっています。

 質の悪い萌えアニメとかは、物語が始まったらもう自動的に主人公の事を好きになってましたー、みたいなどーでもいーやーという描写が多く見られますが、人が人を好きになる瞬間というのを描ける作品は、極めて少ないものです

 1話を見ただけでは、鼻血ぶっ放して妄想爆走するただのバカにしか見えなかったみかんちゃんでしたが、ここまで深くキャラが掘り下げられました。
 この構成力の素晴らしさには、頭が下がります。

 Bパートのラストシーンでは、冷蔵庫の音が羊水の中の音に聞こえる、という描写。
 それは素直も感じ、同時にぽてまよも感じています。

 兄妹なんですね。

 ただ、気になるのはOPアニメのラストカットで、その冷蔵庫に素直とぽてまよの写真が貼ってある意味。

 一緒に毎日顔を突き合わせて暮らしているのなら、「楽しかった日をメモリーする」写真なんて必要無いんですよね…。
 多分、物語の最後には、二人の別れがあるのでは、と予想されます。



posted by えみりおん at 02:59 | Comment(2) | TrackBack(10) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Aパート夏の終わり編、みかんの帰省先での蛍シーン、美しさに息をのみました。構成・美術・オチと完成度が高く、もはや文句のつけようがありません。こんなものを毎週見せられていたら感覚が麻痺してしまいます。あのまま良い話として「ただいま」で〆ることが可能だったのに、あえて外して鳥ギャグ(アレは糞ではなく、寄生虫だよね)で〆るところが偉い。
Aパートにじっくり時間をかけた分、Bパートの祭りの夜編はあっさり終ってしまったのが残念。冷蔵庫胎内回帰フラグを立てるために、〆のオチが犠牲になってしまった感もあります。素直が精神的に親離れして自立したとき、ぽてまよは消えてゆくのでしょう。となると、ぐちゅ子はぽてまよを消す鍵の役割を担うのでしょうね。
Posted by ショートカット萌えなんだ at 2007年08月18日 15:36
>となると、ぐちゅ子はぽてまよを消す鍵の役割を担うのでしょうね。

 なるほど、あのキャラデザと大きな鎌は「死神」のソレと解釈出来ますね。

 今回はAパートの構成が神憑っていた分、Bパートの夜店が本筋から浮いてしまっており残念でした。
Posted by えみりおん at 2007年08月18日 23:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ぽてまよ 第7回ぽて13「夏の終わりに」/ぽて14「祭りの夜に」
Excerpt: 3ぽてまよ公式ホームページ 人娘にも慣れてしまったかな…; 夏休みもあと少し、みかんの田舎からの暑中お見舞いを受け取った素直もまた、お墓参りへと向うのだった。その頃、みかんは素直を想い始めた経..
Weblog: パプリカさん家のアニメ亭
Tracked: 2007-08-18 23:49

ぽてまよ 第7回「夏の終りに」「祭りの夜に」
Excerpt: 素直は親父とマッタリマッタリお墓参り・・・ ちょっと親父の暴走でバイオレンス込みですがw その裏では、お馴染みのみかんちゃんが御婆ちゃんの家で 素直との馴れ初めを御婆ちゃんに言い聞かせてあげ..
Weblog: よう来なさった!
Tracked: 2007-08-19 00:09

■ぽてまよ 第13話「夏の終わりに」第14話「祭りの夜に」
Excerpt:  みかんは家族揃って、田舎のおばーちゃんの家へ。  素直は家族揃って、お母さんのお墓参り。  それぞれみんな別々だし、他のアニメとはちょっと違った夏休みの一面を
Weblog: ゆかねカムパニー2
Tracked: 2007-08-19 00:18

ぽてまよ第7話「夏の終わりに/祭りの夜に」
Excerpt: それいけ!ズッコケ三人組(ぉ 自分で書いてて懐かしいと思ってる私は終わってるなw この親父にしてこのお土産・・・。 さすがは民俗学者ならではのお土産か^^;
Weblog: まりべると愉快な仲間たち
Tracked: 2007-08-19 06:41

ぽてまよ 第7回+6回
Excerpt: とりキメェwww むったんほどではないがwww という訳でぽてまよです。 とりあえず前回の分も一口で感想を残しておきますと、 Aパート ステキな奴隷生..
Weblog: ナナメから見てみる
Tracked: 2007-08-20 02:31

【ぽてまよ】夏兄弟illustと7話〔ぽて13:夏の終わりに/ぽて14:祭...
Excerpt: 7話、ぽて13〔夏の終わりに〕、ぽて14〔祭の夜に〕。やばいです。どんどん引き込まれています、ぽてまよワールド。7月スタートのモノでは1番に成るかもしれません、この作品。高いAbilityの割に世間で..
Weblog: くろぬこillust自由帳【KuroNukoMatryoshka】
Tracked: 2007-08-20 03:22

今週のぽてまよ6
Excerpt: ぽて子、ヨーヨー釣りうめぇえっ!! 今週は、お墓参りと夏祭りのお話でした。 ヨーヨーにふっとばされるぽて子。体重軽いんだねー。 YouTubeでそこんところがアップされてたんで、紹介..
Weblog: The Southern Cross!
Tracked: 2007-08-21 17:43

ぽてまよ ぽて13・ぽて14
Excerpt: 今回は夏休みとお祭のお話。 夏かと思ったら秋も近いとは相変わらず急速な展開ですね。 ぽて13は、またしても皇大登場、今度は変な被り物を御土産に帰還。 民俗学者っぽいかもしれませんがお墓に被せ..
Weblog: パズライズ日記
Tracked: 2007-08-22 21:43

ぽてまよ 第7話
Excerpt: ぽて13 夏の終わりに みかんの家は田舎へ帰省、森山家は母親の墓参り みかんが素直を好きになったきっかけがわかったのはいいですけど、でもこの話は何か感想が書きづらい。とりあえずいくつか突っ..
Weblog: Anellia Neo
Tracked: 2007-08-23 23:31

レビュー・評価:ぽてまよ/第7話:ぽて13「夏の終わりに」 ぽて14「祭の夜に」
Excerpt: 品質評価 0 / 萌え評価 14 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 28 / お色気評価 14 / 総合評価 9<br>レビュー数 7 件 <br> <br> 第7話:ぽて13「夏の終わりに」 ぽて14..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-08-29 19:27
タグクラウド
1話切り AKB0048 Angel beats! Another ARIA Aチャンネル BACCANO! BLOOD-C B★RS C C3 C3部 CANAAN Candy boy DARKER_THAN_BLACK GA GJ部 GOSICK HEROMAN Kanon NEEDLESS NO.6 Pandora Hearts PIPOPA RDG sao SF映画 STAR_DRIVER TARI TARI TIGER & BUNNY TVスペシャル UN-GO white album WORKING!! あさっての方向。 あだち充 あっちこっち あの夏 あの花 いつか天魔の黒ウサギ いぬぼく。 うさぎドロップ うぽって!! うみものがたり えびてん えん魔くん おおきく振りかぶって かなめも きんいろモザイク くじびきアンバランス けいおん!! けいおん! げんしけん こどものじかん これはゾンビですか? さくら荘のペットな彼女 ささみさん ささめきこと さらい屋 五葉 さんかれあ じょしらく そふてにっ そらのおとしもの それでも町は廻っている たまゆら ちはやふる つり球 とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 となりの怪物くん とらドラ! にゃんこい! のだめカンタービレ はがない はたらく魔王さま! はなまる幼稚園 ひだまりスケッチ ぽてまよ まおゆう ましろ色 まどか☆マギカ まほろまてぃっく まよチキ! まりあ†ほりっく みつどもえ みなみけ むろみさん めだかボックス ゆゆ式 ゆりるゆり ゆるゆり よみがえる空 れでぃ×ばと! わんおふ アイドルマスター アカギ アクエリオン アクセル・ワールド アザゼルさん アスタロッテのおもちゃ! アスリード アニメ映画 アマガミSS イカ娘 インフィニット・ストラトス エヴァンゲリオン オオカミさんと七人の仲間たち カイジ カサヰケンイチ カードキャプターさくら ガンダム ガールズ&パンツァー キミキス キャシャーン キルミンずぅ キルミーベイベー キングゲイナー ギルティクラウン クライムエッジ クラナド クロスゲーム クロワーゼ グレンラガン ココロコネクト コミック ゴシック サムライガールズ サンレッド シムーン シャングリ・ラ シュガシュガルーン シンフォギア ジュエルペット スケッチブック ストライクウィッチーズ ストロベリーシェイクSweet ストロベリー・パニック! セイクリッドセブン ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ダンガンロンパ ダーティーハリー デジモンクロスウォーズ デッドマン・ワンダーランド デュラララ!! ドラゴンクライシス! ドルアーガの塔 ドージンワーク ニコニコ動画 ニャル子さん ハヤテのごとく バカとテストと召喚獣 バスカッシュ! バンブーブレード パパ聞き パンスト ヒャッコ ビビパン ビューティフル・ドリーマー ピクサー フォトカノ フォーゼ フタコイ フラクタル ブラッド・バード プリキュア プリティーリズム ベン・トー ペットな彼女 ペルソナ ホライゾン ポルフィの長い旅 マイメロディ マジカノ マジンガーZ マリー&ガリー ミチコとハッチン ミルキィホームズ ムント モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ライドバック ラグランジェ ラストエグザイル ラブライブ! リストランテ・パラディーゾ リルぷりっ ルパン三世 レヴィアタン ロウきゅーぶ! ローゼンメイデン ワタナベシンイチ ワタモテ ヴァンパイアバンド 世紀末オカルト学院 中村健治 亀垣 一 二舎六房の七人 井出安軌 亡念のザムド 京都アニメーション 人類は衰退しました 仮面ライダーオーズ 仮面ライダー電王 会長はメイド様! 佐々木政勝 佐伯昭志 佐藤卓哉 佐藤竜雄 佐藤順一 侍戦隊シンケンジャー 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 倉田英之 傑作 僕H 僕等がいた 充電ちゃん 八谷賢一 出崎統 前川淳 化物語 化猫 名探偵コナン 君と僕 君と僕。 咲-Saki 咲-saki- 四畳半神話大系 坂井久太 坂道のアポロン 堀口悠紀子 変ゼミ 夏のあらし! 夏雪ランデブー 夢喰いメリー 大地丙太郎 大正野球娘。 大関雅幸 大隈孝晴 大魔神カノン 妹がいる! 学園黙示録 宇宙戦艦ヤマト 宮崎駿 宮繁之 富野由悠季 小林利充 小林治 小林靖子 小野学 屍姫 屍鬼 山内重保 岡田麿里 岸誠二 川口敬一郎 庵野秀明 怪談レストラン 恋姫†無双 恋愛ラボ 戦国BASARA 戦国コレクション 戦国乙女 放浪息子 斎藤久 新世界より 新房昭之 日常 星の海のアムリ 星空へ架かる橋 最終話 望月智充 未来日記 東のエデン 東京マグニチュード8.0 桜井弘明 桜蘭高校ホスト部 桜見かつし 森田さんは無口。 森田和明 横手美智子 水上清資 水島努 氷菓 池畠博史 河森正治 洋画 涼宮ハルヒの憂鬱 渡辺はじめ 渡辺敦子 渡辺明夫 瀬戸の花嫁 特別編 狼と香辛料 猫神やおよろず 琉神マブヤー 琴浦さん 生徒会役員共 田中宏紀 田中将賀 男子高校生の日常 百合 百合姫 真マジンガー 真・恋姫†無双 石立太一 神のみぞ知るセカイ 神山健治 神様はじめました 神様ドォルズ 神無月の巫女 福田道生 第1話 第1話 細田守 細田直人 絶対可憐チルドレン 絶望先生 織田信奈の野望 聖痕のクェイサー 自主制作 花咲くいろは 西村純二 西田亜沙子 視聴断念 谷川流 貧乏神が! 超くせになりそう 輪るピングドラム 迷い猫オーバーラン! 進撃の巨人 邦画 鉄のラインバレル 鉄腕バーディー 銀河へキックオフ!! 長井龍雪 陸上防衛隊まおちゃん 雑破業 電波女と青春男 電脳コイル 青い文学シリーズ 青い花 飯田里樹 馬越嘉彦 高屋敷英夫 高橋丈夫 高橋龍也 鬼太郎 魍魎の匣 魔乳秘剣帖 魔法使いTai! 黒執事 1話切り
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。