2010年05月25日

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

わーい(嬉しい顔)

(2009-07-01の記事より)


庵野はやれば出来る子。


 驚いたのは、エヴァンゲリオンってこんなシンプルな話だったんだ、という事。

 お食事会というサブシナリオが追加されただけで、ゲンドウの行動に意味が浮かび上がり、シンジの反逆にも強い意志が見え。
 SDATという小道具をレイが持っただけで、彼女の心がスッと理解出来。

 プロットは殆ど変わりないのですが、説得力とカタルシスが段違い。

 こんなシンプルな事を、テレビ製作当時に思いつかなかったなんて事はある筈が無く、恐らくただ単純に捻くれていただけなんでしょう。

 哲学やら宗教やら心理学やらを無節操に放り込み、無意味に小難しく捻くり回していた旧エヴァンゲリオン。

 何かを成す代償には、トウジの足をもぎとり、隣人を撃ち殺し、とそんな極端な事をしなくても良いんです。

 視聴者が納得できれば良いんだ、という事。

 今回のお話しは、多分中学生でも十分理解出来る作りになっており、良い意味で普通の映画になっていました。

 冒頭でユイのお墓参りから帰る車の中でミサトさんが言っていた「素直になればいいのに」という台詞。
 もうそのまんまですね。

 そして、何とまあ王子様がお姫様を助けちゃいましたよ
 ヒーロー誕生です

 アスカの死は、はっきり描かなかったのでまあそうだろうとは思っていましたが、予告を見て大爆笑。

 この様な余裕は、当時無かったものです。

 ただ、良く解らなかったのは新キャラ。

 次回に続くキーパーソンであるのは間違い無いのでしょうが、全くの単独行動しか取っていなかったので感情移入は出来ず。
 余りに視聴者から突っ込まれやすいアスカとのキャラ被りは引っかけで、眼帯アスカに向けて何か仕込んでいるのか、とか。

 いずれにしても、それは次回の事なので、今回キャラも掴めない状態においては出し過ぎではないでしょうか。

 また、そういう演出が好きなのは解るのですが、「今日の日はさようなら」は蛇足かと。
 クライマックスの「翼をください」一つに絞るならアリなのですが、その前にやっちゃうとインパクトも薄れますし、クドく、あざとさが前に出すぎてしまいます。

 でも、大きく気になったのはそのくらいでしょうか。

 これは誰もが納得する展開ですし、誰もが理解できるストーリー。
 が故に、当時の様な社会現象にまで発展はしないでしょう。

 大体当時がおかしかったんですよ。
 心理学や哲学で混乱させただけで、一般の人があんなに飛びつくだなんて。

 阪神淡路大震災、オウム事件など、社会不安の反映だったのかも知れません。
 頭でっかちは我々オタクだけで良いんですよ。

 一般の流行的には普通の傑作として綺麗にブームは収束して行く事でしょう。
 でも、オタク的、庵野ウォッチャー的には、この作品は別の意味で一つの時代の収束になるのではないでしょうか。
 良い意味で。

 もしかしたらこれを境に、当時のエヴァンゲリオンに影響を受けたとみられるセカイ系とよばれる作品群が勢力を失い、新しい時代が来るかも。

 なんかちょっとワクワクしてきますね。
 いや別にセカイ系に怨みがある訳じゃないデスよ?





posted by えみりおん at 11:09 | Comment(4) | TrackBack(0) | 映画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えみりおん様、こんにちは。
映画館、混んでませんでしたか?天気も大丈夫でしたか?
私は日曜日に観たのですがすし詰め状態だったもので(汗)
もう、今まで私が描いていたエヴァの印象は「序」の感想で
えみりおんさんが書かれていたことそのものなので、同感な
のですが、たまに映画館で観ると観客の反応がダイレクトに
返ってくるので作品の評価が良く分かりますね。
前作「まごころを、君に」ひいてはその前の「シト新生・DEATH
REBIRTH」の時は見終わった後、拍手なんか起こらずあちこち
から「エッ?終わり?」などという声が聞こえてました。
 しかし破では前半のニヤニヤ展開から後半の鬱描写、
そして次回予告の「Q}のダジャレ?で爆笑が起き、直後に拍手が会場から巻き起こってました。映画ってすごく分かりやすいですね。もう私の感想は「観客の拍手」にすべて集約されてます。

今回のテーマは「食」ではなかったかと思います。
畑を耕すシーンから綾波の食事シーン、綾波とアスカがシンジのために食事をつくるシーンと、
やたらと「食」にまつわるシーンが多かった様に思います。
庵野監督は好き嫌いが激しいので有名なんですが、食育にでも目覚めたんでしょうかね。
そして、ラストに究極の「食」を表現!
まさに食うか食われるかのアクションは見ごたえ十分だったんじゃないでしょうか。
 戦闘シーンなど見てると地上波放送のアニメがしょぼく見えてしまってしばらくエヴァ熱が続きそうです。「リスパラ」の
感想も映画前と後では大きく変わっていたことでしょう(笑)

 街並みの風景、伊吹マヤ達が出勤する日常風景が私はとても印象深かったです。
 やっぱりエヴァを語り出すと止まらないですね。興行収入断トツ1位に免じて長文をお許し下さい。では。
Posted by 名無し at 2009年07月01日 22:21
名無しさん、こんにちは。

 映画の日という事もあり、全席指定ではありましたが普通に観られました。
 こちらの映画館では終始無言で、終わった後に拍手一つならず。
 私の感想で眼帯アスカが出た時に爆笑したと書きましたがそれは心の中でであり、終始無言の映画館でした。

 しかし終わった後の空気は良かったし、耳を澄ませば賞賛の会話が聞こえました。

 映画館というものに殆ど行かなくなってしまったのですが、最近の映画の観客って随分羊みたいに大人しくなっちゃったもんだなあ、とか感じました。
Posted by えみりおん at 2009年07月02日 06:44
「今日の日はさようなら」は要するに「今回アスカはここで退場だけど、ちゃんとまた会える日が来るから心配ないよー」という意味なんだと思いましたけど、皆ただの演出としかとっていないみたいですね。そう思ったのは私だけ?
Posted by 通り at 2009年07月11日 19:36
 通りさん、こんにちは。

 さすがに昔のような天の邪鬼的な部分は影を潜めたとは思いますが、庵野監督は裏の裏をかいてくる事が多いので、私はあまり考え込まない様にしています。
Posted by えみりおん at 2009年07月12日 01:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
タグクラウド
1話切り AKB0048 Angel beats! Another ARIA Aチャンネル BACCANO! BLOOD-C B★RS C C3 C3部 CANAAN Candy boy DARKER_THAN_BLACK GA GJ部 GOSICK HEROMAN Kanon NEEDLESS NO.6 Pandora Hearts PIPOPA RDG sao SF映画 STAR_DRIVER TARI TARI TIGER & BUNNY TVスペシャル UN-GO white album WORKING!! あさっての方向。 あだち充 あっちこっち あの夏 あの花 いつか天魔の黒ウサギ いぬぼく。 うさぎドロップ うぽって!! うみものがたり えびてん えん魔くん おおきく振りかぶって かなめも きんいろモザイク くじびきアンバランス けいおん!! けいおん! げんしけん こどものじかん これはゾンビですか? さくら荘のペットな彼女 ささみさん ささめきこと さらい屋 五葉 さんかれあ じょしらく そふてにっ そらのおとしもの それでも町は廻っている たまゆら ちはやふる つり球 とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 となりの怪物くん とらドラ! にゃんこい! のだめカンタービレ はがない はたらく魔王さま! はなまる幼稚園 ひだまりスケッチ ぽてまよ まおゆう ましろ色 まどか☆マギカ まほろまてぃっく まよチキ! まりあ†ほりっく みつどもえ みなみけ むろみさん めだかボックス ゆゆ式 ゆりるゆり ゆるゆり よみがえる空 れでぃ×ばと! わんおふ アイドルマスター アカギ アクエリオン アクセル・ワールド アザゼルさん アスタロッテのおもちゃ! アスリード アニメ映画 アマガミSS イカ娘 インフィニット・ストラトス エヴァンゲリオン オオカミさんと七人の仲間たち カイジ カサヰケンイチ カードキャプターさくら ガンダム ガールズ&パンツァー キミキス キャシャーン キルミンずぅ キルミーベイベー キングゲイナー ギルティクラウン クライムエッジ クラナド クロスゲーム クロワーゼ グレンラガン ココロコネクト コミック ゴシック サムライガールズ サンレッド シムーン シャングリ・ラ シュガシュガルーン シンフォギア ジュエルペット スケッチブック ストライクウィッチーズ ストロベリーシェイクSweet ストロベリー・パニック! セイクリッドセブン ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ダンガンロンパ ダーティーハリー デジモンクロスウォーズ デッドマン・ワンダーランド デュラララ!! ドラゴンクライシス! ドルアーガの塔 ドージンワーク ニコニコ動画 ニャル子さん ハヤテのごとく バカとテストと召喚獣 バスカッシュ! バンブーブレード パパ聞き パンスト ヒャッコ ビビパン ビューティフル・ドリーマー ピクサー フォトカノ フォーゼ フタコイ フラクタル ブラッド・バード プリキュア プリティーリズム ベン・トー ペットな彼女 ペルソナ ホライゾン ポルフィの長い旅 マイメロディ マジカノ マジンガーZ マリー&ガリー ミチコとハッチン ミルキィホームズ ムント モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ライドバック ラグランジェ ラストエグザイル ラブライブ! リストランテ・パラディーゾ リルぷりっ ルパン三世 レヴィアタン ロウきゅーぶ! ローゼンメイデン ワタナベシンイチ ワタモテ ヴァンパイアバンド 世紀末オカルト学院 中村健治 亀垣 一 二舎六房の七人 井出安軌 亡念のザムド 京都アニメーション 人類は衰退しました 仮面ライダーオーズ 仮面ライダー電王 会長はメイド様! 佐々木政勝 佐伯昭志 佐藤卓哉 佐藤竜雄 佐藤順一 侍戦隊シンケンジャー 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 倉田英之 傑作 僕H 僕等がいた 充電ちゃん 八谷賢一 出崎統 前川淳 化物語 化猫 名探偵コナン 君と僕 君と僕。 咲-Saki 咲-saki- 四畳半神話大系 坂井久太 坂道のアポロン 堀口悠紀子 変ゼミ 夏のあらし! 夏雪ランデブー 夢喰いメリー 大地丙太郎 大正野球娘。 大関雅幸 大隈孝晴 大魔神カノン 妹がいる! 学園黙示録 宇宙戦艦ヤマト 宮崎駿 宮繁之 富野由悠季 小林利充 小林治 小林靖子 小野学 屍姫 屍鬼 山内重保 岡田麿里 岸誠二 川口敬一郎 庵野秀明 怪談レストラン 恋姫†無双 恋愛ラボ 戦国BASARA 戦国コレクション 戦国乙女 放浪息子 斎藤久 新世界より 新房昭之 日常 星の海のアムリ 星空へ架かる橋 最終話 望月智充 未来日記 東のエデン 東京マグニチュード8.0 桜井弘明 桜蘭高校ホスト部 桜見かつし 森田さんは無口。 森田和明 横手美智子 水上清資 水島努 氷菓 池畠博史 河森正治 洋画 涼宮ハルヒの憂鬱 渡辺はじめ 渡辺敦子 渡辺明夫 瀬戸の花嫁 特別編 狼と香辛料 猫神やおよろず 琉神マブヤー 琴浦さん 生徒会役員共 田中宏紀 田中将賀 男子高校生の日常 百合 百合姫 真マジンガー 真・恋姫†無双 石立太一 神のみぞ知るセカイ 神山健治 神様はじめました 神様ドォルズ 神無月の巫女 福田道生 第1話 第1話 細田守 細田直人 絶対可憐チルドレン 絶望先生 織田信奈の野望 聖痕のクェイサー 自主制作 花咲くいろは 西村純二 西田亜沙子 視聴断念 谷川流 貧乏神が! 超くせになりそう 輪るピングドラム 迷い猫オーバーラン! 進撃の巨人 邦画 鉄のラインバレル 鉄腕バーディー 銀河へキックオフ!! 長井龍雪 陸上防衛隊まおちゃん 雑破業 電波女と青春男 電脳コイル 青い文学シリーズ 青い花 飯田里樹 馬越嘉彦 高屋敷英夫 高橋丈夫 高橋龍也 鬼太郎 魍魎の匣 魔乳秘剣帖 魔法使いTai! 黒執事 1話切り
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。