2013年05月29日

ゆゆ式 第8話「2年生になりました」

 やっとこのアニメの見方が分かってきました。
 これは、ほのぼのサドアニメですな!

 ツッコミは入れるけど、基本イジられ役の唯。
 虐めて光線を全方向放射してる、おかあさん。

 この二人がSの、ゆずこと縁にイジられるお話。

 特にゆずこは結構過激な事をやろうとするのですが、超えるといけない一線というのを心得ていているのが良いですね。
 何というか、Mの人がセーフワードを言ったら即座にプレイをやめますよ、的な理性的なS。

 そして気が強そうだけれど、やたらとふてくされる岡ちー。
 こちらも見守るような形で、ふみからイジられており。

 下ネタもかなりキツい時もありますが、基本ラストはハートフルに落として来る作風も好き。
 初期の様にグネグネは動かなくなりましたが、楽しみ方を知ってしまうと特に気になるところでもなし。

 良いアニメになってきました。
タグ:ゆゆ式
posted by えみりおん at 11:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。(2期) 第4話「俺の妹のライバルが来日するわけがない」

 1期は本当に胃がキリキリする展開で、絶対にこいつら好きになれないとか思っていました。
 もともと作画は良かったので、それなだけに神経質なだけのキャラクター描写がしんどくて。

 しかし2期に入ってからはあらゆる面で見なおしが図られており、よもや私が桐乃を可愛いと思える時が来るとは思ってもみませんでした。

 この見事な方向修正に拍手です。
 普通に楽しい青春萌えアニメになりました。
posted by えみりおん at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

進撃の巨人 第8話「心臓の鼓動が聞こえる ――トロスト区攻防戦C――」

 1話でエレンママを喰った巨人がエレンパパに似てたからもしかしてと思ったのですが、物理的にそれは無理だろうと頭から追い払った当時。
 しかし超大型巨人が瞬間移動したりなど、もう物理法則から外れた描写を見るにそれもありえるのかと思えるようになり。

 そして今回のコレになった訳ですね。

 巨人を根絶やしにしたいなど、桁外れに強い意思を持つ者が喰われた時に、奇行種が生まれるのでしょうか。
 そうすると精神的な部分まで突っ込んだドラマが作ることが出来そうです。

 ウルトラマンなどが持っているジレンマ、ドラマと特撮の剥離が融合出来るかもしれません。

 いずれにしてもまだまだ私の憶測。
 楽しみに観て行きたいと思います。
タグ:進撃の巨人
posted by えみりおん at 09:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

RDG レッドデータガール第4話「はじめてのルームメイト」〜第8話「はじめてのお願い」

 正直3話までの鬱々とした展開は面白いとは思えなかったのですが、転校で心機一転してから俄然お面白くなってきました。

 伏線の張り方をはじめ、遠い存在に見える異界への扉がすぐ隣にある怖さの演出など、とても丁寧に作られています。
 ただ、あまりに丁寧でストイックに過ぎるため、エンターテイメント性を欠いてしまっているのが勿体無いところでしょうか。

 かなり見応えのあるこの作品。
 昨今はやりの学園異能バトルを禁欲的に作るとこんな感じになるんだなあ、みたいな。
 とりあえず、私は最後まで観てみます。
タグ:RDG
posted by えみりおん at 14:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

進撃の巨人 第4話「解散式の夜-人類の再起(2)-」〜第7話「小さな刃-トロスト区攻防戦(3)-」

わーい(嬉しい顔)

 これは凄い。話題になるわけだ。

 劇中、ありとあらゆる登場人物たちは心を折られて屍同然になります。
 生きることを放棄した者は当然死に、奮起しても死ぬ者は死にます。

 ではエレンやミカサたちはなぜ生き残って来られたのか。

 エレンにせよミカサにせよ、最初の頃はサイコロの目の様な運だけで生き残りました。
 しかし2度めは1度目よりも、3度めは2度めよりも、心は強くなっています。

 心が折られ、しかしそれを乗り越える度に強くなる

 魂を亡くしたヒーロー物や流行歌で、いつも流れるフレーズ。
 そしていつしかそれは定型句となり、意味も理解しないまま言葉の上っ面だけが流れていく。

 ヒーローとは何かということを、改めて教えてくれるこの作品。
 ぬるま湯の様な今のアニメ界の突破口となるか。

 期待したいと思います。
posted by えみりおん at 09:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

断裁分離のクライムエッジ 第4話「客は何処だ」〜第8話「 ―パーティーチョッパ―」

 登場人物は全員悪人に見えて、軒並み善人ばかり。
 でもミスリードが上手いから、むしろ騙されても清々しさすら感じたりします。

 例えば8話でのゴシップの大人たちは、視覚的には醜悪に見えても、台詞をちゃんと聞いていれば人の良い凡庸な大人たちの会話だと分かります。

 ハサミを人に向かって振り回したり首吊りをしたりなどの直接描写のみモノクロにする演出も、単に上から注意された時の言い訳なのかとも思ったのですが、今回の「余興」を見ていた大人たちには、壇上のハサミや首吊り縄は見えていない様な見せ方をしており。

 要するに少年少女たちの傷つけ合いを凶器を使ったバトルでイメージとして見せたり、注射器みたいにセクシャルな事柄をシンボリックに描いたりなど。
 巨人の星で左門の背中でクジラが跳ねたりする、あのモンタージュを現代風にスマートにアレンジした演出なのでしょう。

 作劇的、モラル的に超えてはならない一線をかなり慎重に見極めており、だからこそフェティシズム的にもここまでなら大丈夫というギリギリのものを見せられる。

 また中二病アニメかよと油断して見ていたら、意外と堅実に作られた良作。
 きわどい描写はあっても不安定さは無い、安心して見られる作品です。
posted by えみりおん at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

ゆゆ式 第7話「3学期っ!」

 ゆゆゆトリオが気になって仕方のない委員長を後押しする、もう一方のトリオのふみ。
 しかし、委員長の気持ちがあちらに流れて行ってしまうのが面白くない桂。

 劇中ではもう半年も経っているのに、このゆったりした流れはわりと好きだったりします。

 下ネタも含めてネタが随分とストレートになってしまい、そこはちょっと残念でした。
タグ:ゆゆ式
posted by えみりおん at 01:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

絶対防衛レヴィアタン 第3話「絶対奥までイッちゃうもん!」

 使い古されてもうギャグとして使えないネタを、更に捻って新しいギャグにしてしまう辺りは、さすがです。
 初回の水、前回の炎、そして今回の斧と、堅実に各キャラクターの特徴をドラマの中で印象付けるシリーズ構成もまた見事。

 おしむらくは、やはり作画の弱さでしょう。

 八谷賢一さん独特の良い意味での呑気な空気感や間が心地良い作品。
 わりと地味な良作だと思います。
posted by えみりおん at 09:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆゆ式 第6話「初雪なべ」

 どうもこのアニメの会話を聞いていると、自分の頭がおかしくなったかの様な錯覚が生まれるんですよね(笑)。
 あっちこっちに飛びすぎで、でも気づくと会話が繋がってたり、投げっぱなしだったり。

 この唐突な一言はどう繋がるのかとか、今話してる事はさっきの流れに戻るのかとか。
 それで気づいたら結構、能動的にこの会話を汲み取ろうとのめり込んでいる自分に気づいたりして。

 ただまあ褒めるばかり(褒めてんのか、これ?)でも何なので。

 唯の中の人は別の結衣の時でもそうだったのですが、はっきり言って笑う演技が下手なので、そこで現実に引き戻されてしまう。
 もうちょっと頑張って欲しいなあとか思ったり。
 また個人的にはツッコミを入れずにボケ倒した方が面白いんじゃないかと思う箇所もちらほら。

 凄く好きなアニメなんですが、人にお薦め出来るかと言われれば出来ないだろうなあ。

 今回面白いなと思ったシーンは、人に触れる事で奇跡を起こせる雪の神様が空から降ってきて、それが三人に触れること無く地面に落ちてしまう件。

 一瞬ギャグかと思ったのですが…いえ、ギャグではあると思うんですよ。
 でもそれが縁の妄想だと分かるシーンでの演出は、時が止まったかのような現実的な静けさがあり。
 そしてそんな事が起きるといいな、と思わせる印象的なシーン。

 何度も見返してみたら、何か色々と見つけられるんじゃないか。
 まだうまく説明出来ないのですが、そんな不思議な魅力のあるアニメです。
タグ:ゆゆ式
posted by えみりおん at 01:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

フォトカノ 第4話「これからの想い」

 萌えアニメは結構好きなのですが、やはり嫌いなタイプの萌えアニメというのもありまして。
 そのいくつかのタイプの中の一つは、「僕は平和に暮らしたいのに、女の子達が勝手に寄ってきてエロい事をされて、困っちゃうぜ〜」というパターン。

 つまり自分は心からの紳士であるという視聴者のプライドは立てておいて、でも欲望は満足させる。
 ある意味、搾取映画みたいな感じの「商品」。

 これもそういうタイプかなと最初は思っていたのですが、なんか違う。
 そのタイプのアニメにある、主人公に対するイラッとする感覚が来ないんですね。

 一也は目くるめくラッキースケベの嵐の中で、紳士の様でいて結構な下衆野郎。
 しかし例えば脅された生徒会長などは、撮られる事を喜んでいる描写もあって、両者合意の上でこのプレイを楽しんでいるみたいな感じがあり。
 今回はその弱みを使って妹達に助け舟を出したりもしていました。

 それが天然であろうが計算ずくであろうが、下衆でエロい自分を認め、その上で紳士として振る舞っている感じを受けます。

 信じられないのですが、この主人公の様にありたいという憧れみたいなものが自分の中に湧いてきてるのに気づき、正直びっくりしています。

 本当にそういう狙いで作っているのかまだよく分かりませんが、少なくとも今のところ視聴ににストレスを感じていません。
 まあ、見ながらツッコミはビシバシ入れてますが(笑)。

 この辺、自分の中でもよくこなれていないので、視聴を続けてみたいと思います。
タグ:フォトカノ
posted by えみりおん at 09:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

とある科学の超電磁砲S 第2話「寿命中断(クリティカル)」

 あの1話が嘘だったみたいに面白かった。
 謎の引き方がまたうまく、アイキャッチでサブタイトルが出るまでアバンでの事をすっかり忘れて没頭出来ました。

 どうやって伏線を引くかより、伏線を忘れてしまうくらい視聴者を引き込めるかが、面白い作品かどうかの分かれ目な気がします。

 少女探偵物としてのフォーマットに入ると面白くなるのかも。
 続けて観てみましょう。
posted by えみりおん at 20:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

ゆゆ式 第5話「唯と縁 とゆずこ」

わーい(嬉しい顔)

 萌えアニメのテーマは「可愛い!」。
 しかし、OPでゆずこがホワイトボードに書いたのは「楽しい!」。
 これが『ゆゆ式』のテーマなのでしょう。

 だから見ていると、楽しいのに凄く切なくなってくる。

 可愛さは、「萌え絵」とかで検索すれば掃いて捨てるほど出てくるこの時代。
 しかし自分が学生時代に感じていた楽しさは、画像検索には出て来ません。
 二度と戻れない青春がこのモニターの向こうにある、みたいな感じ。

 今でもそうなのですが、私は子供の頃から相当な多動症で、まさにゆずこと同じ様なテンションで毎日を暮らしていました。
 だからこそ、こんなに感情移入しちゃうのかも知れませんね。

 そこに「過去と死」というネタが入り込んで来ちゃったもんだから、ノックアウトされてしまいました。

 これはアニメ批評でも何でもない、本当に個人的な感傷。
 私にとってこの作品は、「素晴らしいアニメ」ではなくて「大好きなアニメ」です。
タグ:ゆゆ式 傑作
posted by えみりおん at 01:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

ゆゆ式 第4話「いいんちょう」

 今回はサブタイにもなっている委員長がメイン…かと思われましたが、単なる委員長の紹介だけでは終わらず。
 あくまで主軸は三人。
 そして、その三人の事が気になってついつい目がそちらに向いてしまう、という面白い展開になっていました。

 アバン、唯の顔がグッと寄るカットは、見ているこちらが一緒にドキッとさせられたり。
 意外とドライな委員長の友達も、三人に引き寄せられていく彼女との良いコントラストにもなっていて良い感じです。

 意外と考えオチも多いので、結構食い入るようにして見てしまいます。
 まあそうでなくても、1話から崩れないこの良作画は眼福もの。

 このままグングン楽しくなると良いですね。
タグ:ゆゆ式
posted by えみりおん at 03:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆゆ式 第3話「夏休みじゃーい!」

わーい(嬉しい顔)

 1話は、かなり大人しめな展開で、正直言って面白いのかどうかまだ解らず。
 2話は、こなれた感じがして、この3話目で化けた…。

 と言うより、狂いだしたという言葉がピッタリかもしれません。

 ネタも作画も演出も暴走しまくっており、でも何気に世界観がうまく包み込まれているような感じ。
 拘りのフェチアングルも素晴らしく、あの抽象的なマンガ線(褒め言葉)が肉を持っている様に見えてしまうマジック。

 ひょっとしたらこのアニメ、物凄く面白いのかも…?
タグ:ゆゆ式 傑作
posted by えみりおん at 02:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
1話切り AKB0048 Angel beats! Another ARIA Aチャンネル BACCANO! BLOOD-C B★RS C C3 C3部 CANAAN Candy boy DARKER_THAN_BLACK GA GJ部 GOSICK HEROMAN Kanon NEEDLESS NO.6 Pandora Hearts PIPOPA RDG sao SF映画 STAR_DRIVER TARI TARI TIGER & BUNNY TVスペシャル UN-GO white album WORKING!! あさっての方向。 あだち充 あっちこっち あの夏 あの花 いつか天魔の黒ウサギ いぬぼく。 うさぎドロップ うぽって!! うみものがたり えびてん えん魔くん おおきく振りかぶって かなめも きんいろモザイク くじびきアンバランス けいおん!! けいおん! げんしけん こどものじかん これはゾンビですか? さくら荘のペットな彼女 ささみさん ささめきこと さらい屋 五葉 さんかれあ じょしらく そふてにっ そらのおとしもの それでも町は廻っている たまゆら ちはやふる つり球 とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 となりの怪物くん とらドラ! にゃんこい! のだめカンタービレ はがない はたらく魔王さま! はなまる幼稚園 ひだまりスケッチ ぽてまよ まおゆう ましろ色 まどか☆マギカ まほろまてぃっく まよチキ! まりあ†ほりっく みつどもえ みなみけ むろみさん めだかボックス ゆゆ式 ゆりるゆり ゆるゆり よみがえる空 れでぃ×ばと! わんおふ アイドルマスター アカギ アクエリオン アクセル・ワールド アザゼルさん アスタロッテのおもちゃ! アスリード アニメ映画 アマガミSS イカ娘 インフィニット・ストラトス エヴァンゲリオン オオカミさんと七人の仲間たち カイジ カサヰケンイチ カードキャプターさくら ガンダム ガールズ&パンツァー キミキス キャシャーン キルミンずぅ キルミーベイベー キングゲイナー ギルティクラウン クライムエッジ クラナド クロスゲーム クロワーゼ グレンラガン ココロコネクト コミック ゴシック サムライガールズ サンレッド シムーン シャングリ・ラ シュガシュガルーン シンフォギア ジュエルペット スケッチブック ストライクウィッチーズ ストロベリーシェイクSweet ストロベリー・パニック! セイクリッドセブン ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ダンガンロンパ ダーティーハリー デジモンクロスウォーズ デッドマン・ワンダーランド デュラララ!! ドラゴンクライシス! ドルアーガの塔 ドージンワーク ニコニコ動画 ニャル子さん ハヤテのごとく バカとテストと召喚獣 バスカッシュ! バンブーブレード パパ聞き パンスト ヒャッコ ビビパン ビューティフル・ドリーマー ピクサー フォトカノ フォーゼ フタコイ フラクタル ブラッド・バード プリキュア プリティーリズム ベン・トー ペットな彼女 ペルソナ ホライゾン ポルフィの長い旅 マイメロディ マジカノ マジンガーZ マリー&ガリー ミチコとハッチン ミルキィホームズ ムント モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ライドバック ラグランジェ ラストエグザイル ラブライブ! リストランテ・パラディーゾ リルぷりっ ルパン三世 レヴィアタン ロウきゅーぶ! ローゼンメイデン ワタナベシンイチ ワタモテ ヴァンパイアバンド 世紀末オカルト学院 中村健治 亀垣 一 二舎六房の七人 井出安軌 亡念のザムド 京都アニメーション 人類は衰退しました 仮面ライダーオーズ 仮面ライダー電王 会長はメイド様! 佐々木政勝 佐伯昭志 佐藤卓哉 佐藤竜雄 佐藤順一 侍戦隊シンケンジャー 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 倉田英之 傑作 僕H 僕等がいた 充電ちゃん 八谷賢一 出崎統 前川淳 化物語 化猫 名探偵コナン 君と僕 君と僕。 咲-Saki 咲-saki- 四畳半神話大系 坂井久太 坂道のアポロン 堀口悠紀子 変ゼミ 夏のあらし! 夏雪ランデブー 夢喰いメリー 大地丙太郎 大正野球娘。 大関雅幸 大隈孝晴 大魔神カノン 妹がいる! 学園黙示録 宇宙戦艦ヤマト 宮崎駿 宮繁之 富野由悠季 小林利充 小林治 小林靖子 小野学 屍姫 屍鬼 山内重保 岡田麿里 岸誠二 川口敬一郎 庵野秀明 怪談レストラン 恋姫†無双 恋愛ラボ 戦国BASARA 戦国コレクション 戦国乙女 放浪息子 斎藤久 新世界より 新房昭之 日常 星の海のアムリ 星空へ架かる橋 最終話 望月智充 未来日記 東のエデン 東京マグニチュード8.0 桜井弘明 桜蘭高校ホスト部 桜見かつし 森田さんは無口。 森田和明 横手美智子 水上清資 水島努 氷菓 池畠博史 河森正治 洋画 涼宮ハルヒの憂鬱 渡辺はじめ 渡辺敦子 渡辺明夫 瀬戸の花嫁 特別編 狼と香辛料 猫神やおよろず 琉神マブヤー 琴浦さん 生徒会役員共 田中宏紀 田中将賀 男子高校生の日常 百合 百合姫 真マジンガー 真・恋姫†無双 石立太一 神のみぞ知るセカイ 神山健治 神様はじめました 神様ドォルズ 神無月の巫女 福田道生 第1話 第1話 細田守 細田直人 絶対可憐チルドレン 絶望先生 織田信奈の野望 聖痕のクェイサー 自主制作 花咲くいろは 西村純二 西田亜沙子 視聴断念 谷川流 貧乏神が! 超くせになりそう 輪るピングドラム 迷い猫オーバーラン! 進撃の巨人 邦画 鉄のラインバレル 鉄腕バーディー 銀河へキックオフ!! 長井龍雪 陸上防衛隊まおちゃん 雑破業 電波女と青春男 電脳コイル 青い文学シリーズ 青い花 飯田里樹 馬越嘉彦 高屋敷英夫 高橋丈夫 高橋龍也 鬼太郎 魍魎の匣 魔乳秘剣帖 魔法使いTai! 黒執事 1話切り
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。