2012年11月27日

ガールズ&パンツァー 第7話「次はアンツィオです!」

 何を犠牲にしても勝つ事が第一の西住流から外れた、仲間の安否を優先するみほの行動。
 それは『こそこそ作戦』として聖グロリアーナから西住流とは違う戦い方だと祝福を与えられ、更に言えばそれは沙織をはじめとする心を許せる友達が、みほに与えてくれたものでした。

「私たちの歩いた道が戦車道になるんだよ」という彼女の言葉が、作品のテーマを物語っているようです。

 喧嘩したまま永遠に仲直りが出来なくなってしまった麻子とその両親。みほと西住の家が重なり。
 仲間はどんどん結束を深め、自分の出来る事でみほの負担を軽くしていく友達たち。
 圧倒的な火力不足を補うための艦内探索と遭難。

 贅沢というか勿体無いというか、3話分くらいのプロットがギッチギチに詰まっており、これは3クールくらいかけて欲しいアニメですよね。

 新しい戦車も見つかり、生徒会長はもう一つチームが出来ると言っていましたが、OPに出てくる謎のバクさんチームみたいな三人が入ってくる事になるのでしょうか。
posted by えみりおん at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

ガールズ&パンツァー 第6話「一回戦、白熱してます!」

 ラストシーンが良かったですね。

 おばあの安否で我を忘れる程の麻子でしたが、それを助けてくれたのは5話にて友達を侮辱した敵。
 まほはヘリに早く乗るよう指示しますが、厳しい面持ちで動かない麻子に、激しい葛藤が見られます。

 この時に沙織が「あたしも行く」と共に乗り込むのですが、これが何とも彼女らしい。

 もともと沙織はこの中で1番気の利く女の子。
 西住流について教官がみほに寄ってきた時もうまく話を逸らしていましたし、戦車ショップでまほのインタビューを見て落ち込むみほに、皆で部屋に押しかけようと提案したのも彼女。
 ミーハーで一見ちょっとオツム弱そうに見えますが、この娘がいないとあんこうチームの結束は無かったでしょう。

 あのヘリのシーンでは、動けない麻子をヘリに引っ張りこむ描写があったらより良かったでしょうか。

 この様にこの作品はキャラクターがとても良く立っていて、今回はサンダースのアリサの小物っぷりが何とも楽しかった。
 戦車内で愚痴をこぼされてウンザリ顔の装填手などで人望の無さが伺えますし、かと思えば援軍がやってきたら来たでさっきまでの事を忘れて三人でハイタッチとか、この辺の調子の良さが、良い意味でのクラブ活動的な楽しさがあって嬉しくなります。

 しかしそれを冷たい目で見るラスボスになるのでしょう、黒森峰の二人。
 エリカは人を見下す癖があるので油断を突けそうですが、まほはそうはいかなそう。

 そして有能な操縦手と通信手を失ったあんこうチーム。
 ここが踏ん張りどころです!

posted by えみりおん at 02:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

神様はじめました 第7話「神様、デートに誘う」

 ずっと社に引きこもったような感じで異世界物みたいな作風だったのですが、普通のラブコメになった途端に面白くなってきた感じです。

 お目目がパッチリしたキャラクターデザインとかメッチャ可愛いんだから、妖怪コメディより今回の路線で行って欲しいなあ。
 可愛いサブキャラも出てきたことですしね。

 次回は水着回。
 少女コミックですが、さてどのくらい男の目線が入ってくるかな。
posted by えみりおん at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

となりの怪物くん 第7話「2人の距離」

 なんかトンデモ予想として、春はコミュニケーションに対する何らかの精神疾患持ってるんじゃないのかとか思った事もあったんですが、白衣の保護者とか出てきて本当にそうだったりして?

 何気ない会話にスッと「好きだよ」とか入れてきたり、心の隙を突いてくる演出が実にうまいこのアニメ。
 俺の乙女回路が久しぶりに動き出してきたようでござる。

 だってドキドキするもん。このアニメ。

 こんな感じの少女コミックは好きですね。
posted by えみりおん at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月11日

えびてん -公立海老栖川高校天悶部- 第6話「ホシを狙え!愛を夢見る少女」

 やはり来たこの様なシリアス話。

 このアニメは度を越したパロディが売りではあるのですが、そこには何か空騒ぎ的な虚しさが感じられます。
 それは今回の亡くなったおばあちゃんへの思いとか、離れていった姉への思いとか、そのような強い意思が裏にあって、それを紛らわす為に悪ふざけをしているという風にも見えてしまうからです。

 かなり癖の強いキャラクターデザインではありますが、それを物ともしない作画力も魅力。

 意外や安心して楽しめるギャグアニメです。
タグ:えびてん
posted by えみりおん at 13:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

ひだまりスケッチ×ハニカム 第6話「9月25日 おしゃべりスケッチ/9月29日〜30日 ヒロさん」

 ん〜、頑張って好きになろうとしてきたけど、もう素直になろう。
 やっぱりノリスケとなずなは、あんまり好きになれない。

 沙英のキツい部分と、ゆのの初期に見られた卑屈な部分、それぞれ悪い所だけを取り出してしまった様なキャラクター作りは、やっぱり成功したとは言えないと思います。

 なだけに、二人の出番を抑えて1期などで時々やった、進路にテーマを置いた今回は、久しぶりに「ひだまりスケッチ」が帰ってきた感じがして、嬉しかった。

 しかし、かと言って二人をこのままFOさせれば良いかと言われれば私的には否、でして。
 キャラクターを産んだからには、たとえお話を犠牲にしてでも、そのキャラクターを幸せにしてあげて欲しい。

 そう思っています。

 今後の展開も正直、劇的に私好みになるとは思えず。
 でもサザエさん時空というわけでも無い様なので、ずっと愛してきたこの4人が卒業するまで見守って行きたいかなと思っております。
posted by えみりおん at 02:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

ガールズ&パンツァー 第5話「強豪・シャーマン軍団です!」

 遊び半分だったウサギさんチームが、戦車の色を塗り替えているシーンとかは良かったですね。
 頑張りますという先週の言葉だけじゃなくて、こういう行動で見せてくれると、彼女たちの気持ちが伝わってきます。

 でも頑張っても味噌っかすな所がウサギさんチームの魅力。
 応援したくなっちゃいますね。

 今回は隊長であるケイの知らない所でサンダースの傍受が行われている事が早々にわかってしまったために、スリルが少し削がれましたか。

 次回に期待とまいりましょう。
posted by えみりおん at 01:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
1話切り AKB0048 Angel beats! Another ARIA Aチャンネル BACCANO! BLOOD-C B★RS C C3 C3部 CANAAN Candy boy DARKER_THAN_BLACK GA GJ部 GOSICK HEROMAN Kanon NEEDLESS NO.6 Pandora Hearts PIPOPA RDG sao SF映画 STAR_DRIVER TARI TARI TIGER & BUNNY TVスペシャル UN-GO white album WORKING!! あさっての方向。 あだち充 あっちこっち あの夏 あの花 いつか天魔の黒ウサギ いぬぼく。 うさぎドロップ うぽって!! うみものがたり えびてん えん魔くん おおきく振りかぶって かなめも きんいろモザイク くじびきアンバランス けいおん!! けいおん! げんしけん こどものじかん これはゾンビですか? さくら荘のペットな彼女 ささみさん ささめきこと さらい屋 五葉 さんかれあ じょしらく そふてにっ そらのおとしもの それでも町は廻っている たまゆら ちはやふる つり球 とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 となりの怪物くん とらドラ! にゃんこい! のだめカンタービレ はがない はたらく魔王さま! はなまる幼稚園 ひだまりスケッチ ぽてまよ まおゆう ましろ色 まどか☆マギカ まほろまてぃっく まよチキ! まりあ†ほりっく みつどもえ みなみけ むろみさん めだかボックス ゆゆ式 ゆりるゆり ゆるゆり よみがえる空 れでぃ×ばと! わんおふ アイドルマスター アカギ アクエリオン アクセル・ワールド アザゼルさん アスタロッテのおもちゃ! アスリード アニメ映画 アマガミSS イカ娘 インフィニット・ストラトス エヴァンゲリオン オオカミさんと七人の仲間たち カイジ カサヰケンイチ カードキャプターさくら ガンダム ガールズ&パンツァー キミキス キャシャーン キルミンずぅ キルミーベイベー キングゲイナー ギルティクラウン クライムエッジ クラナド クロスゲーム クロワーゼ グレンラガン ココロコネクト コミック ゴシック サムライガールズ サンレッド シムーン シャングリ・ラ シュガシュガルーン シンフォギア ジュエルペット スケッチブック ストライクウィッチーズ ストロベリーシェイクSweet ストロベリー・パニック! セイクリッドセブン ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ダンガンロンパ ダーティーハリー デジモンクロスウォーズ デッドマン・ワンダーランド デュラララ!! ドラゴンクライシス! ドルアーガの塔 ドージンワーク ニコニコ動画 ニャル子さん ハヤテのごとく バカとテストと召喚獣 バスカッシュ! バンブーブレード パパ聞き パンスト ヒャッコ ビビパン ビューティフル・ドリーマー ピクサー フォトカノ フォーゼ フタコイ フラクタル ブラッド・バード プリキュア プリティーリズム ベン・トー ペットな彼女 ペルソナ ホライゾン ポルフィの長い旅 マイメロディ マジカノ マジンガーZ マリー&ガリー ミチコとハッチン ミルキィホームズ ムント モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ライドバック ラグランジェ ラストエグザイル ラブライブ! リストランテ・パラディーゾ リルぷりっ ルパン三世 レヴィアタン ロウきゅーぶ! ローゼンメイデン ワタナベシンイチ ワタモテ ヴァンパイアバンド 世紀末オカルト学院 中村健治 亀垣 一 二舎六房の七人 井出安軌 亡念のザムド 京都アニメーション 人類は衰退しました 仮面ライダーオーズ 仮面ライダー電王 会長はメイド様! 佐々木政勝 佐伯昭志 佐藤卓哉 佐藤竜雄 佐藤順一 侍戦隊シンケンジャー 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 倉田英之 傑作 僕H 僕等がいた 充電ちゃん 八谷賢一 出崎統 前川淳 化物語 化猫 名探偵コナン 君と僕 君と僕。 咲-Saki 咲-saki- 四畳半神話大系 坂井久太 坂道のアポロン 堀口悠紀子 変ゼミ 夏のあらし! 夏雪ランデブー 夢喰いメリー 大地丙太郎 大正野球娘。 大関雅幸 大隈孝晴 大魔神カノン 妹がいる! 学園黙示録 宇宙戦艦ヤマト 宮崎駿 宮繁之 富野由悠季 小林利充 小林治 小林靖子 小野学 屍姫 屍鬼 山内重保 岡田麿里 岸誠二 川口敬一郎 庵野秀明 怪談レストラン 恋姫†無双 恋愛ラボ 戦国BASARA 戦国コレクション 戦国乙女 放浪息子 斎藤久 新世界より 新房昭之 日常 星の海のアムリ 星空へ架かる橋 最終話 望月智充 未来日記 東のエデン 東京マグニチュード8.0 桜井弘明 桜蘭高校ホスト部 桜見かつし 森田さんは無口。 森田和明 横手美智子 水上清資 水島努 氷菓 池畠博史 河森正治 洋画 涼宮ハルヒの憂鬱 渡辺はじめ 渡辺敦子 渡辺明夫 瀬戸の花嫁 特別編 狼と香辛料 猫神やおよろず 琉神マブヤー 琴浦さん 生徒会役員共 田中宏紀 田中将賀 男子高校生の日常 百合 百合姫 真マジンガー 真・恋姫†無双 石立太一 神のみぞ知るセカイ 神山健治 神様はじめました 神様ドォルズ 神無月の巫女 福田道生 第1話 第1話 細田守 細田直人 絶対可憐チルドレン 絶望先生 織田信奈の野望 聖痕のクェイサー 自主制作 花咲くいろは 西村純二 西田亜沙子 視聴断念 谷川流 貧乏神が! 超くせになりそう 輪るピングドラム 迷い猫オーバーラン! 進撃の巨人 邦画 鉄のラインバレル 鉄腕バーディー 銀河へキックオフ!! 長井龍雪 陸上防衛隊まおちゃん 雑破業 電波女と青春男 電脳コイル 青い文学シリーズ 青い花 飯田里樹 馬越嘉彦 高屋敷英夫 高橋丈夫 高橋龍也 鬼太郎 魍魎の匣 魔乳秘剣帖 魔法使いTai! 黒執事 1話切り
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。