2013年10月24日

凪のあすから 1〜3話

 古くはモンタギューとキャピュレット、ウエストサイドストーリーに「橋向こうの連中と付き合っちゃなんねえ」とかいう70年代ドラマ。

 古き良きスポ根ものはガールズ&パンツァーで。
 古き良き学園ものは恋愛ラボで。

 モチーフは変わっても、愛され続けるドラマの形は同じなんだなと感じさせてくれる作品です。
posted by えみりおん at 14:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

ガッチャマン クラウズ 第1話〜第5話「Collaboration」

 読書欄投稿からパソコン通信、そしてインターネットへ。
 速いようで、体感的にはゆったりした流れなので、逆にネット以前にあった自分の昔の価値観が何だったのか思い出せない昨今。

 バイト学生のお遊び写真アップが企業一つを大きく揺るがし。
 それでもこうやって繋がっていなければ生活できない我々は、GALAXのルイの様に性善説を信じていないと恐くてやってられない。

 ネットに依存せずにネットを使いこなし、直感で行動する主人公はじめ。
 確かに理想の姿なのですが、私も含め普通の人間は、ああはなれない。
 …だからこそ、彼女はヒーローなのでしょうが…。

 実際に今わたしが色々と悩んでいたりする事にクリティカルに突き込んだテーマなので、かなり興味深く観ています。
posted by えみりおん at 15:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

ローゼンメイデン(新) 第3話〜第6話

 萌え方向に大きく舵を取られてしまった感じの今までのシリーズは、正直あまり見る気がおきず。
 しかしこちらの方は良い感じにバランス良く作られています。

 ドール作画のかなりの部分(ほとんど?)を3Dで作っているらしく、あの当時では難しかったヒラヒラ衣装が全身ロングで歩きまわるというワンダーな映像も観ていて惚れ惚れします。

 展開がゆったりしている上に原作の行方を知らないので、このままフッと終わってしまいそうな感じもあるのですが、この蜘蛛の糸の様なストーリー上ではそういうのもアリなのかなと思ってしまったり。

 ちょっと文学の香りがするのだわ。
posted by えみりおん at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 第4話「モテないし、ちょっといい夢見るわ」

わーい(嬉しい顔)
これは酷い(笑)

 ありそうで無かった下ネタ。
 ネタが下だと良い話に持っていくのも難しいでしょうし、今までの中でも妙に浮きまくった話になっていました。

 男主人公とかでこういうネタは多々あれど、女主人公でここまでえげつない映像化ってのはそうはないかと。

 ゲラゲラ笑ってしまい、まあ私も幼稚だなあとつくづく感じてしまった次第でした。
posted by えみりおん at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

恋愛ラボ 第1話〜第6話

 面白いと感じさせる作品には、必ず葛藤が山盛りになっているものです。

 生徒会人物間だけでも葛藤だらけ。それも見栄から来るものもあれば、親友を助けるためのウソもあり。
 加えて6話からは具体的な恋愛葛藤まで入りだして、俄然面白くなりだしました。

 奇抜な設定などの小細工いっさい無しの、見事なまでにストレートな学園ラブコメ。
 個人的に応援したいアニメです。
posted by えみりおん at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダンガンロンパ 第3話「CHAPTER 01 イキキル 非日常編」

 キャラクターは極端にカリカチュアされていますし、大げさなリアクション、清々しい殺し殺されに、馬鹿馬鹿しいお仕置きタイム。

 憎む相手はモノクマ一人と恐ろしく解りやすく、誰が死のうが見ているこちらの心は全く痛まないように作られた世界観はお見事です。

 もちろんゲームシステム的な部分は多分に逆転裁判からの流れはあるにせよ、それはまあ逆転裁判のシステムや世界観があまりに完成されすぎていたのを恨むしかないよなあ、と。

 ハッタリとブラックとハメ外し。
 岸誠二監督との相性はピッタリなのでは?
posted by えみりおん at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ステラ女学院高等科C3部 第4話「不射ノ射ヲモチ当タルベシ。」

わーい(嬉しい顔)

 サバゲーはルールのあるゲーム。ザッツ戦車道じゃありませんが、殺し合いではない。

 そのハシゲタをいきなり取っ払われ、実はサバゲーと戦争は繋がっていました、主人公が救わなければ永遠に死に続けます、自分をゼロにしてゼロを世界としなさいと、まあドカドカと凄いハッタリを放り込んできたものです。

 失敗して説教されて立ち直りましたという、前回までの道筋が単純すぎたので、こういうシンプルなガールズアクションなんだと割りきって見ることにしようと思っていた矢先に、コレでした。

 この辺はやんちゃなガイナックス。
 普通に女の子ガンアクションやってもよし、テツガクの世界に逝っちゃってもよし。
 バラエティアニメとしての下地は出来上がったという感じです。

 あとは何クールでも楽しめそうな気がします。
タグ:C3部 傑作
posted by えみりおん at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きんいろモザイク 第5話「おねえちゃんといっしょ」

 良い具合に作画が崩れてまいりましたが、まあ予想の範囲内なので特に思うところもありません。
 むしろ残念なのは勇おねーちゃんに魅力を感じられないところでしょうか。

 これは初登場の頃からずっと思っていたのですが、「みんなの理想のおねーちゃん」という百科事典の項目のような味気のないキャラクターになってしまっている感じがするんですね。
 みんなが口をそろえて凄い、凄いと言うものだから尚更、そんなに言うほどかなあという気になってしまうところもあり。

 逆に今回は陽子の魅力に溢れていたものだから、その陽子がラストで勇おねーちゃんに憧れていて…という流れに、またちょっと強引さを感じてしまったり。

 でも嫌な感じを受ける訳でもないので、おねーちゃんに関してはこのまま流れてしまっても良いかな、とか。
posted by えみりおん at 05:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 第3話「モテないし、悪天候」

 始まる前は、「こんな惨めな私を見て笑ってよ、ホラホラ」的な趣味の悪い自虐アニメかと思っていたので、1〜2話くらいで切ろうと思っていました。

 しかし蓋を開けてみたら意外や、世界は善意で出来ている、という希望に満ちた作品。

 そりゃまあトンデモなくえげつない描写は続出するし、思い込みの持つ凄まじい暗黒面に吐き気すら催す時もあります。
 でも学校も、家族も、そして友達に「死ね」とか悪態をつく主人公でさえ、心のずーっと下のところまで降りていけば、そこにはニュートラルな善意しかない、みたいなこの安心感。

 1話見るたびに、自分にこびり付いた汚い皮が1枚ずつ剥がれ落ちていくような、そんな感じがします。
タグ:ワタモテ
posted by えみりおん at 04:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

きんいろモザイク 第3話「どんなトモダチできるかな」

わーい(嬉しい顔)

 1話からこれは凄い感はあったのですが、3話で確信に至りました。
 本当に丁寧に作られているアニメです。

 例えばカメラワーク。
 デジタルである程度楽にはなりましたが、それでもフォーカス外しは指示も撮影も結構手間な筈。
 アニメは基本パンフォーカスで処理してしまいますが、あらゆるカットでフォーカスを意識した丁寧なカメラワークは、どう見ても萌えキャラマスコットみたいな女の子たちが、現実に存在している様に感じられます。

 例えばカット繋ぎ。
 2話にて陽子の進路がアイドルだと信じたアリスが冗談だと知らされてガックリするシーン。
 普通の四コマですとこれがオチになるので、次のコマでは気持ちがリセットして普通に喋ってたりします。
 でもガックリを引きずったままシノの通訳者の方に話が進み、アリスの英語を通訳するに至ってやっとアリスの気持ちが持ち直すなど。

 そして感動。
 言動が明るいからなかなか気づいてもらえないけれど、友だちが作れないというカレンの悩み。
 勇気を出して教壇に上ってのスピーチ。カレンを恐がって逃げ出してしまった女の子の拍手。
 その沸き返りを隣の教室で聞いているアリス。
 今までヤキモチを焼いて少しだけカレンに強くあたっちゃっていた彼女が、これが私の親友だとばかりにドヤ顔でカレンを自慢する可愛らしさ。
 そしていつまでも後ろを着いてくるだけの綾の肩を強引に掴んで、真横で歩かせるハンサム彼女の陽子。

 まだまだ沢山あるのですが、良いところというのはこのように一言で言えないから難しいんですよね。

 基礎体力次第ではありますが、超ハイクオリティで最後まで作り上げたAチャンネルと同じスタジオ五組なので、期待しても…良いよね?


posted by えみりおん at 04:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
1話切り AKB0048 Angel beats! Another ARIA Aチャンネル BACCANO! BLOOD-C B★RS C C3 C3部 CANAAN Candy boy DARKER_THAN_BLACK GA GJ部 GOSICK HEROMAN Kanon NEEDLESS NO.6 Pandora Hearts PIPOPA RDG sao SF映画 STAR_DRIVER TARI TARI TIGER & BUNNY TVスペシャル UN-GO white album WORKING!! あさっての方向。 あだち充 あっちこっち あの夏 あの花 いつか天魔の黒ウサギ いぬぼく。 うさぎドロップ うぽって!! うみものがたり えびてん えん魔くん おおきく振りかぶって かなめも きんいろモザイク くじびきアンバランス けいおん!! けいおん! げんしけん こどものじかん これはゾンビですか? さくら荘のペットな彼女 ささみさん ささめきこと さらい屋 五葉 さんかれあ じょしらく そふてにっ そらのおとしもの それでも町は廻っている たまゆら ちはやふる つり球 とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 となりの怪物くん とらドラ! にゃんこい! のだめカンタービレ はがない はたらく魔王さま! はなまる幼稚園 ひだまりスケッチ ぽてまよ まおゆう ましろ色 まどか☆マギカ まほろまてぃっく まよチキ! まりあ†ほりっく みつどもえ みなみけ むろみさん めだかボックス ゆゆ式 ゆりるゆり ゆるゆり よみがえる空 れでぃ×ばと! わんおふ アイドルマスター アカギ アクエリオン アクセル・ワールド アザゼルさん アスタロッテのおもちゃ! アスリード アニメ映画 アマガミSS イカ娘 インフィニット・ストラトス エヴァンゲリオン オオカミさんと七人の仲間たち カイジ カサヰケンイチ カードキャプターさくら ガンダム ガールズ&パンツァー キミキス キャシャーン キルミンずぅ キルミーベイベー キングゲイナー ギルティクラウン クライムエッジ クラナド クロスゲーム クロワーゼ グレンラガン ココロコネクト コミック ゴシック サムライガールズ サンレッド シムーン シャングリ・ラ シュガシュガルーン シンフォギア ジュエルペット スケッチブック ストライクウィッチーズ ストロベリーシェイクSweet ストロベリー・パニック! セイクリッドセブン ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ダンガンロンパ ダーティーハリー デジモンクロスウォーズ デッドマン・ワンダーランド デュラララ!! ドラゴンクライシス! ドルアーガの塔 ドージンワーク ニコニコ動画 ニャル子さん ハヤテのごとく バカとテストと召喚獣 バスカッシュ! バンブーブレード パパ聞き パンスト ヒャッコ ビビパン ビューティフル・ドリーマー ピクサー フォトカノ フォーゼ フタコイ フラクタル ブラッド・バード プリキュア プリティーリズム ベン・トー ペットな彼女 ペルソナ ホライゾン ポルフィの長い旅 マイメロディ マジカノ マジンガーZ マリー&ガリー ミチコとハッチン ミルキィホームズ ムント モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ライドバック ラグランジェ ラストエグザイル ラブライブ! リストランテ・パラディーゾ リルぷりっ ルパン三世 レヴィアタン ロウきゅーぶ! ローゼンメイデン ワタナベシンイチ ワタモテ ヴァンパイアバンド 世紀末オカルト学院 中村健治 亀垣 一 二舎六房の七人 井出安軌 亡念のザムド 京都アニメーション 人類は衰退しました 仮面ライダーオーズ 仮面ライダー電王 会長はメイド様! 佐々木政勝 佐伯昭志 佐藤卓哉 佐藤竜雄 佐藤順一 侍戦隊シンケンジャー 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 倉田英之 傑作 僕H 僕等がいた 充電ちゃん 八谷賢一 出崎統 前川淳 化物語 化猫 名探偵コナン 君と僕 君と僕。 咲-Saki 咲-saki- 四畳半神話大系 坂井久太 坂道のアポロン 堀口悠紀子 変ゼミ 夏のあらし! 夏雪ランデブー 夢喰いメリー 大地丙太郎 大正野球娘。 大関雅幸 大隈孝晴 大魔神カノン 妹がいる! 学園黙示録 宇宙戦艦ヤマト 宮崎駿 宮繁之 富野由悠季 小林利充 小林治 小林靖子 小野学 屍姫 屍鬼 山内重保 岡田麿里 岸誠二 川口敬一郎 庵野秀明 怪談レストラン 恋姫†無双 恋愛ラボ 戦国BASARA 戦国コレクション 戦国乙女 放浪息子 斎藤久 新世界より 新房昭之 日常 星の海のアムリ 星空へ架かる橋 最終話 望月智充 未来日記 東のエデン 東京マグニチュード8.0 桜井弘明 桜蘭高校ホスト部 桜見かつし 森田さんは無口。 森田和明 横手美智子 水上清資 水島努 氷菓 池畠博史 河森正治 洋画 涼宮ハルヒの憂鬱 渡辺はじめ 渡辺敦子 渡辺明夫 瀬戸の花嫁 特別編 狼と香辛料 猫神やおよろず 琉神マブヤー 琴浦さん 生徒会役員共 田中宏紀 田中将賀 男子高校生の日常 百合 百合姫 真マジンガー 真・恋姫†無双 石立太一 神のみぞ知るセカイ 神山健治 神様はじめました 神様ドォルズ 神無月の巫女 福田道生 第1話 第1話 細田守 細田直人 絶対可憐チルドレン 絶望先生 織田信奈の野望 聖痕のクェイサー 自主制作 花咲くいろは 西村純二 西田亜沙子 視聴断念 谷川流 貧乏神が! 超くせになりそう 輪るピングドラム 迷い猫オーバーラン! 進撃の巨人 邦画 鉄のラインバレル 鉄腕バーディー 銀河へキックオフ!! 長井龍雪 陸上防衛隊まおちゃん 雑破業 電波女と青春男 電脳コイル 青い文学シリーズ 青い花 飯田里樹 馬越嘉彦 高屋敷英夫 高橋丈夫 高橋龍也 鬼太郎 魍魎の匣 魔乳秘剣帖 魔法使いTai! 黒執事 1話切り
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。